日鉄住金オフショアコンストラクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日鉄住金オフショアコンストラクション株式会社
Nippon Steel & Sumikin Offshore Construction Co., Ltd.
HQ of NSC-Eng.JPG
本社が所在するビル(新日鉄住金エンジニアリングと同じ)
種類 株式会社
略称 NSOC
本社所在地 日本の旗 日本
141-0032
東京都品川区大崎一丁目5番1号
設立 1971年(昭和46年)11月5日
(日鐵海洋工事)
2008年平成20年)4月1日
(NSOC)
業種 建設業
法人番号 6010701022484
事業内容 海底石油・天然ガス生産施設の建設等
代表者 北澤修(代表取締役社長
資本金 4,000万円
従業員数 16人(2012年10月1日現在)
決算期 3月31日
主要株主 新日鉄住金エンジニアリング(株) 100%
外部リンク http://www.nsoc.eng.nssmc.com/
テンプレートを表示

日鉄住金オフショアコンストラクション株式会社(にってつすみきんオフショアコンストラクション、英文社名 Nippon Steel & Sumikin Offshore Construction Co., Ltd.)は、新日鉄住金エンジニアリンググループの建設業者。

概要[編集]

大手鉄鋼メーカー新日鐵住金傘下の建設業者・新日鉄住金エンジニアリングが出資する企業である。新日鉄住金エンジニアリングが行う海底石油天然ガス生産施設(プラットフォームや海底パイプライン)の建設工事を行う建設業者。

沿革[編集]

  • 1971年昭和46年)11月5日 - 石油・ガスなどの海洋工事を事業主体とした、日鐵海洋工事株式会社発足。
  • 1987年(昭和62年) - 業務主体を、海上工事から陸上(水道・ガス配管)工事に転換。
  • 1994年平成6年)4月1日 - 日鉄シビルコンストラクション株式会社に社名変更。
  • 2008年(平成20年)4月1日 - 日鉄シビルコンストラクションの海洋工事部門を分離独立し、日鉄オフショアコンストラクション株式会社として設立。
  • 2012年(平成24年)10月1日 - 新日本製鐵と住友金属工業との経営統合に伴い、日鉄住金オフショアコンストラクション株式会社に社名変更する。[1]

所在地[編集]

事業内容[編集]

  • 海底石油・天然ガス生産施設(プラットホームや海底パイプライン)をデリック・レイバージ(起重機船兼海底配管敷設)を用い、海上又は海底に建設する業務。[2]

企業理念[編集]

企業理念 [2]

  • 私たち日鉄住金オフショアコンストラクションは世界の石油・天然ガス開発分野において
  1. 海洋建設工事に関する技術・ノウハウを日々研鑽し、世界有数のマリンコントラクターとして必須の存在としてあり続けます。
  2. 社員を大切にし、社員が誇りを持てる働きがいのある会社を目指します。

関連会社[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ 商号変更会社を掲載しました。2012年10月1日付新日鉄住金お知らせ記事(2012年12月31日時点のアーカイブ)参照。
  2. ^ a b 日鉄住金オフショアコンストラクション株式会社ホームページより引用。

外部リンク[編集]