日野開三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日野 開三郎(ひの かいざぶろう[1]1908年5月11日[1] - 1989年9月29日[1])は、昭和期の東洋史学者愛媛県伊予郡(現在の伊予市)出身[1]

愛媛県立松山中学校、官立松山高等学校を経て1928年東京帝国大学文学部東洋史学科に入学、池内宏和田清加藤繁らのもとで学ぶ。1931年に卒業後は府立第九中学教諭を経て1935年九州帝国大学法文学部に招かれる。昭和10年代より社会経済史的方法を東洋史分野に導入して、中世中国社会史経済史の研究で知られるようになった。1946年に九州帝国大学(1947年九州大学に改称)教授となり、1972年まで務めた。この間1958年に『小高句麗国の研究』で文学博士を授与された他、日本学術会議会員などを歴任した。九州大学退官後は久留米大学商学部教授を1984年まで務め、1979年勲二等瑞宝章を授与された。

戦後東洋史学の先駆的な存在として日本歴史学会などでも活躍した。研究分野は中世中国における政治・経済・社会史研究のみならず、靺鞨渤海女真などの民族史研究など東アジア史について幅広かった。特に両税法藩鎮邸店飛銭漕運など、の基礎的分野の研究に優れた才能を発揮して「日野史学」と称された。なお、均田法の実施については否定的な立場に立っていた。代表的な著作に『中世支那の軍閥-唐代藩鎮の研究』(1942年)や『唐代邸店の研究』(1968年日本学士院賞受賞)などがある。

1980年から『日野開三郎 東洋史学論集』を刊行していた(1996年完結)が、完結を待たずに死去した。

著作[編集]

  • 『日野開三郎 東洋史学論集』(三一書房
    • 日野の業績ほぼすべてが治められている。全20巻。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 清木場東「日野開三郎」『歴史学事典 5 歴史家とその作品』(弘文堂、1997年) ISBN 978-4-335-21035-8