日野・N型エンジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

N型エンジン日野自動車(新田工場)が製造するOHV直列4気筒ディーゼルエンジンである。

概要[編集]

2003年S型エンジンの後継として登場した。ボア104mm、ストローク118mm、総排気量4,009ccは同社の旧エンジンであるW04型と同一のスペックであり、排出ガス規制対策のためにW04をベースに4バルブ化、大容量クールドEGRDPRコモンレール噴射化したものである[1]新短期規制、新長期規制に適合している。 排出ガス規制強化に伴い、トヨタ・B型エンジンとも統合が図られたため、トヨタブランドの商用車にも広く搭載されている。

2017年(平成29年)現在、日本国内で市販されている普通小型トラック用唯一のOHVエンジンである(いすゞ・4JJ1及び三菱ふそう・4P10は共にDOHC)。 ターボ付きは記号に「T」が付き、それ以外は自然吸気である。N04C-TM搭載車とハイブリッドと記号にUが付くエンジンは平成27年燃費基準達成車。

またN04C-VH型は、JASOディーゼル用エンジンオイル規格の試験にも使われており、2014年(平成26年)に清浄性試験であるM336:2014[2]に、2015年(平成27年)には動弁系摩耗試験であるM354:2015[3]に性能評価試験エンジンとして採用されている(旧試験法となるM336:1998は日産TD25エンジン、M354:2006は三菱4D34T4エンジン)。2017年には省燃費規格DH-2Fの制定にあたり新規の燃費試験としてM362:2017が制定され、これに対してもN04Cが採用された。

バリエーション[編集]

N04C-A[編集]

2004年登場

N04C-TB[編集]

2003年登場

N04C-TC[編集]

2004年登場

N04C-TD[編集]

2003年登場

ターボチャージャーが可変ノズルターボ(VGターボ)に変更される。

N04C-TH[編集]

2006年登場

N04C-TJ[編集]

2006年登場

N04C-TK[編集]

2006年登場

N04C-TL[編集]

2006年登場

N04C-TM[編集]

2006年登場

N04C-TN[編集]

2003年登場

ハイブリッド専用

N04C-TQ[編集]

輸出専用

N04C-UD[編集]

2007年登場

N04C-UE[編集]

2007年登場

N04C-UQ[編集]

2012年登場

N04C-VH[編集]

自衛隊車両(高機動車)に搭載。JASOディーゼルエンジンオイルの試験エンジン。

N04C-VJ[編集]

2014年登場

N04C-VK[編集]

2014年登場

搭載車種[編集]

定格出力:90 kW (122 ps)/2,200 rpm、 最大トルク:404 Nm (41.2 kgf-m)/1,600 rpm>

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [1] - メーカーによる産業用N04エンジンの解説
  2. ^ [2] - JASOディーゼルエンジン油清浄性試験
  3. ^ [3] - JASOディーゼルエンジン油動弁系摩耗試験