日野・DSエンジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
DS11

DSエンジン日野自動車がかつて製造していたディーゼルエンジンである。

概要[編集]

1950年に登場した水冷、予熱燃焼式エンジン。1967年に後継として直接噴射式のEA100が登場したが、1976年まで製造された。

バリエーション[編集]

DS10[編集]

  • 1950年登場。
  • 直列6気筒 7014cc 110ps
  • ボア×ストローク:105.0×135.0
  • 搭載車種

DS11[編集]

  • 1952年登場。
  • 直列6気筒 7014cc 110ps
  • ボア×ストローク:105.0×135.0
  • 搭載車種
    • TH11

DS30[編集]

  • 195?年登場。
  • 直列6気筒 7698cc 150ps/2400rpm
  • ボア×ストローク:110.0×135.0
  • 搭載車種

DS50[編集]

  • 1961年登場。
  • 直列6気筒 7982cc 160ps
  • ボア×ストローク:110.0×140.0
  • 搭載車種
    • TH17

DS60[編集]

DS80[編集]

DS80
  • 1960年登場。
  • 直列6気筒 160ps
  • 搭載車種
    • RB10

DS120[編集]

  • 1963年登場。
  • 水平対向12気筒 15965cc 320ps/2400rpm
  • 搭載車種

DS140[編集]

DS140
  • 1969年登場。
  • 水平対向12気筒 17449cc 350ps/2400rpm
  • 搭載車種
    • RA900-P

関連項目[編集]