日里麻美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日里 麻美
プロフィール
リングネーム 日里 麻美
身長 162cm[1]
誕生日 (1985-09-21) 1985年9月21日(32歳)
出身地 岡山県 倉敷市
スポーツ歴 殺陣
デビュー 2015年12月20日、新木場1stRING・万喜なつみ&角田奈穂戦(パートナーは本間多恵
テンプレートを表示

日里 麻美(ひさと あさみ、1985年[2]9月21日[1]- )は、日本女優岡山県出身。Actwres girl'Z所属[1]でプロレス活動も行う。女優としてはBBE所属。

経歴[編集]

女優を目指し演技経験ゼロで上京。事務所所属後、幾度かのワークショップ、舞台出演を果たすも、自らの引き出しと武器のなさに直面する。

舞台関係者を通じ女優のみが参加するプロレスの旗揚げを知り、プロレスは武器になると参加を直訴。運動経験ゼロのためデビューが遅れたものの、2015年12月20日、新木場1stRING「Beginning アクトレスガールズ Act3」で行われた万喜なつみ角田奈穂戦(パートナーは本間多恵)でデビュー[3]した。ブログでは「葛藤していましたが、やってやろうと決めました!」「遊びではない」と綴っている[4]

アクトレスガールズの中では比較的身長が高いため、小柄な対戦相手に声援が集まる傾向があり、ファンから「ヒールなんですか?」と尋ねられた。このことをきっかけにヒールファイトを意識的に繰り出すようになった。

2016年2月、漫画「グラゼニ」のことをもっと知ってもらうために結成された『グラゼニ女子』に加入(プロレス担当)[5]

怪我のため、試合出場は減少するが、同年春からはミス東スポオーディションに参加。10月の予選ステージを1位で突破している[6]

2016年11月10日、都内で会見が開かれ、FMWへの初参戦が発表され24日、後楽園大会で安納サオリ&日里麻美VS万喜なつみ中野たむ戦(セコンド・本間多恵)を提供[7]

2016年12月9日、ミス東スポ2017グランプリを受賞[8][9]。31歳での受賞はミス東スポ史上最年長。12月14日にはミス東スポ特別賞を受賞したまなせゆうなとのタッグで試合出場[10]を果たした。

2017年からはニッポン放送ショウアップナイター応援ユニット、有楽町ベンチーズのメンバーに就任。背番号は「7」[11]

5月21日、大館大会では高瀬みゆき&五十嵐乃愛組と対戦(パートナーは関口登子)。28日には角田奈穂&五十嵐乃愛戦(パートナーは賀川照子)を行い、ギロチンドロップで五十嵐から勝利[12]

人物[編集]

  • スリーサイズはB.88 W.60 H.86[2]
  • 上京前はイルカの調教師をしていた[2]
  • 漫画「グラゼニ女子」(モーニング20号(4月14日発売号)掲載)では褐色の女性として描かれている[13]

出演[編集]

舞台[編集]

  • 東京俳優市場(演出:伊勢直弘)
  • 「夏!西山美海の浅草deエンタメshow~ようこそ喫茶 美海へ~」(東京・あさくさ劇亭、2016年7月25日、26日)
  • 「一人&二人芝居」(山形・アクトザール M、2016年8月22日)
  • 「Novel Show」(東京・浅草リトルシアター、2015年9月9日、2016年2月19日、20日)
  • 「頑張れ!けんせつ小町~おはようございます!~」演出:山添ヒロユキ(築地ブティストホール、2016年9月29日 – 10月4日)
  • 「The(C)Card~戦う理由CouseC~」(新木場1stRING、5月7日、8日)
  • 「従軍看護婦~女たちの戦場~」(池袋シアターグリーン BIG TREE THEATER、2016年8月9日 – 14日)
  • 「けんせつ小町純情物語 やるっきゃない!」(CBGKシブゲキ!!、10月6日 – 9日)
  • 「月喰マスカレイド prism waltz」(王子BASEMENT MONSTAR、2016年12月15日 - 18日)[14]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

  • ショウアップナイタースペシャル まいにちとことんプロ野球(2017年5月13日、ニッポン放送)

Vシネマ[編集]

  • 嬢王ゲーム(2014年、山内大輔監督)

映画[編集]

雑誌[編集]

ウェブ[編集]

  • ミュージックパーク~第一回エンタメ・シンポジウム~(2016年、オールナイトニッポンモバイル)
  • ぶるぺん(2016年4月19日、9月16日、GYAO) - グラゼニ女子として
  • ぶるぺん(2016年6月27日、グラゼニスペシャル、GYAO) - アシスタント

その他[編集]

  • Flash写真集争奪オーディション#4ファイナリスト(2016年3月 – 6月)[16]
  • 「女優水族館」2016年6月4日、5日

得意技[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c “Member”. アクトレスガールズ Actress girl'Z. http://www.hello-agz.com/member/member_21.html 2016年10月20日閲覧。 
  2. ^ a b c “【ミス東スポ2017候補】元イルカ調教師→グラゼニ女子→プロレスラー…日里麻美の華麗なる?経歴”. 東スポWEB. (2016年10月26日). http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/gravia/609445/ 2016年12月18日閲覧。 
  3. ^ “Event”. アクトレスガールズ Actress girl'Z. http://www.hello-agz.com/event/index.html 2016年11月11日閲覧。 
  4. ^ “050・・・お知らせお知らせー!!”. 日里麻美オフィシャルブログ. (2015年11月29日). http://ameblo.jp/asami1310/entry-12100890569.html 2016年11月11日閲覧。 
  5. ^ 「グラゼニ女子」お披露目 グラドル、レスラーに人妻など異色の10人”. スポーツ報知 (2016年2月18日). 2016年11月11日閲覧。
  6. ^ “マシェリバラエティ×ミス東スポ2017選考オーディション 芸能人によるネット生放送”. マシェリバラエティ×ミス東スポ2017選考オーディション. http://www.mache.tv/2017tospo/ 2016年11月11日閲覧。 
  7. ^ 【プロレス】リングで闘う女優「アクトレスガールズ」FMW初参戦へ意気込み”. スポーツ報知 (2016年11月10日). 2016年11月10日閲覧。
  8. ^ “「ミス東スポ2017」グランプリ決定! グラドルレスラー・日里麻美らが栄冠”. 東京スポーツ. (2016年12月9日). http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/627299/ 2016年12月9日閲覧。 
  9. ^ “「ミス東スポ」2017誕生!グランプリ・日里麻美は「史上最強のミス東スポ」目指すと宣言 サプライズ選出・矢野冬子は大号泣”. T-SITEニュース エンタメ[T-SITE]. (2016年12月10日). http://top.tsite.jp/entertainment/geinou01/i/33657672/ 2016年12月18日閲覧。 
  10. ^ “『12月27日(火)東京・新木場1stリング 18:30〜』”. まなせゆうなオフィシャルブログ「Ax kick♡」Powered by Ameba. (2016年12月14日). http://ameblo.jp/11yuns/entry-12228662759.html 2016年12月19日閲覧。 
  11. ^ https://pbs.twimg.com/media/DAO2lPNV0AAW8FN.jpg
  12. ^ “スケジュール/05月28日(日)12時~”. actwresgirlz. (2017年5月15日). https://www.actwresgirlz.com/schedule-act20 2017年5月15日閲覧。 
  13. ^ “グラゼニ女子漫画”. グラゼニ女子 オフィシャルホームページ. https://gurazeni-girls.amebaownd.com/pages/313528/schedule 2016年11月11日閲覧。 
  14. ^ 舞台「月喰マスカレイド prism waltz」”. MAIA STARSHIP-舞台 (2016年10月6日). 2016年10月6日閲覧。
  15. ^ “【『グラゼニ』連載5周年記念企画】漫画界初! モーニング公認のPRガールズ「グラゼニ女子」、結成!”. モーニング公式サイト - モアイ. (2016年2月18日). http://morning.moae.jp/news/2758 2016年11月11日閲覧。 
  16. ^ “マシェリバラエティ×FLASH presents 写真集争奪オーディション#4 芸能人によるネット生放送”. マシェリバラエティ. http://www.mache.tv/flapb4th/ 2016年11月11日閲覧。 

外部リンク[編集]