豊橋閣日進禅寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日進禅寺から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
豊橋閣日進禅寺
Hokyokaku Nisshinzen-ji.JPG
所在地 愛知県豊橋市新吉町9番地
位置 北緯34度45分52.73秒
東経137度23分34.62秒
座標: 北緯34度45分52.73秒 東経137度23分34.62秒
山号 宝鏡山(豊橋閣)
宗旨 禅曹洞宗寿昌派温恭系
寺格 別格本山
本尊 釈迦三尊
創建年 永禄年中(1558〜1569年)
開基 悟慶宗鶴和尚
正式名 豊橋閣日進禅寺
別称 日進院
札所等 縁結び豊橋観音(へいわかんのん)、満願石仏、愚痴聞き石仏
吉田七福神/ 達磨 番外札所
幸せ地蔵尊/ しあわせ地蔵霊場
豊橋御市内弘法大師/ 第二番札所
新西国豊橋三十三観音/ 第七番札所/
法人番号 6180305002899 ウィキデータを編集
豊橋閣日進禅寺の位置(日本内)
豊橋閣日進禅寺
豊橋閣日進禅寺の位置(愛知県内)
豊橋閣日進禅寺
テンプレートを表示

豊橋閣日進禅寺(ほうきょうかくにっしんぜんじ)は、愛知県豊橋市新吉町9番地にある禅宗系の寺院。通称は「日進禅寺」「日進院」とも呼ばれている。 1945年昭和20年)6月19日夜半の豊橋空襲で、本尊の勢至菩薩像と本堂を消失しており、現在の伽藍は戦後に再興したもので、本尊仏は釈迦三尊像を祀っています。朝8時ころと午後3時頃、外出や家の回りの掃除や水やりをして子どもを守る『83(ハチサン)運動』にも協力しています。

参拝他[編集]

バリアフリーとエコの本堂には、寺院としては珍しいステンドグラスが有り、三仏忌(お釈迦さまの降誕・成道・涅槃)をデザインしてあります。入口付近には、百体の石仏に百拝すること(百拝×百体=万拝=お参りにすることで願いが叶う=満願)で全ての願いが叶う『満願石仏』と呼ばれ、そしてボケ防止と安全をお願いする「へいわ聖観音」を『縁結び 豊橋観音』と呼びご縁があるように祀っています。『愚痴聞き石仏』は、皆さまが怒らないように大勢の愚痴を聞いて、家内安全祈願などをお参りしています。屋上の梵鐘は『平安の鐘』と呼ばれ、戦没者、事故・災害死亡者の鎮魂を祈り、子どもを事故や犯罪から守るため自動撞鐘しています。この鐘は、『開運の鐘』『除夜の鐘』としてHPからもネット撞鐘できる。また、リサイクルのエコ塔婆利用、電球のLED化などで、地球の温暖化防止、省エネなどにも協力しています。

交通アクセス[編集]

外部リンク[編集]