日米学生会議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日米学生会議(にちべいがくせいかいぎ、: Japan-America Student Conference、略称:JASC)は、1934年より続く国際学生交流団体である。日米両国から学生が集まり、夏の1か月間の共同生活を通して様々な世界的問題に関する議論を行う。代表団のメンバーおよび会議のOB・OG(「アラムナイ(alumni)」)は、"JASCer" と呼ばれる。

歴史[編集]

  • 1934年 第1回日米学生会議開催(開催地:青山学院大学
  • 1935年 第2回日米学生会議開催(開催地:リードカレッジ)
(以降、日米交互開催)
  • 1940年 第7回日米学生会議
(戦争による中断)
  • 1947年 第8回日米学生会議(戦後初)
(以降、第14回まで日本開催のみ)
(資金不足等による中断)
  • 1964年 第16回日米学生会議開催(開催地:リードカレッジ)
(以降、日米交互に開催)
  • 1973年 第25回日米学生会議
(以降、期間を1か月とし基本形態が整う)
  • 2012年 第64回日米学生会議開催
  • 2013年 第65回日米学生会議開催
  • 2014年 第66回日米学生会議開催
  • 2018年 第70回日米学生会議開催予定

活動目的[編集]

満州事変以降急速に悪化した当時の日米関係を憂慮した学生により創設され、開始当初は米国の対日感情改善、日米相互の信頼回復を目的としていた。しかし、時代の変遷により目的は変化してきている。近年は、日米関係だけではなく、国際化が進む社会の中で、より広く多様な問題をグローバルな視点から議論しあい、会議の参加者が長期的に社会的に貢献すること、社会的に還元することを目的としている。

理念・キーワード[編集]

  • 「世界の平和は太平洋の平和にあり、太平洋の平和は日米間の平和にある。その一翼を、学生も担うべきである」
  • 「学生の、学生による、学生のための会議」
  • 「Once a JASCer, always a JASCer」

参加方法[編集]

  • 参加者は実行委員による選考を経て決定される
  • 募集時期は例年、1月中旬〜2月末

活動内容[編集]

会議中の活動の主軸は分科会(Round Table=RT)単位でのディスカッション。

第66回会議のRT [1]

  • 現代における歴史教育とその社会的影響
  • 日米関係におけるスマートパワー
  • 環境問題における国家・企業・市民の役割
  • 正義と道徳
  • 芸術とアイデンティティ
  • 移民の功罪と展望
  • 技術進歩と社会

OB・OG[編集]

公式ホームページ[編集]

メディア掲載[編集]

参考文献[編集]

  • 芝崎厚士 「戦前期の日米学生会議 『リンカーン神話』の実像と効用」『国際政治』第122号(1999年9月)。