日立プラントテクノロジー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社日立プラントテクノロジー
Hitachi Plant Technologies, Ltd.
種類 株式会社
市場情報
東証1部 1970
2010年3月29日上場廃止
大証1部(廃止) 1970
2010年3月29日上場廃止
略称 日立PT
本社所在地 日本の旗 日本
170-8466
東京都豊島区東池袋四丁目5番2号
設立 1929年昭和4年)6月10日
(株式会社共成組)
業種 建設業
事業内容 社会インフラシステム、産業システム、空調システム、エネルギーシステムなどの計画、設計、製作及び施工
代表者 東原 敏昭(取締役社長)
資本金 120億円
発行済株式総数 1億9559万898株
売上高 連結:3,956億円
単独:3,357億円
2009年3月期)
営業利益 連結:73億円
単独:30億円
(2009年3月期)
純利益 連結:-8億円
単独:-29億円
(2009年3月期)
純資産 連結:1,018億円
単独:846億円
(2009年3月31日現在)
総資産 連結:3,282億円
単独:2,891億円
(2009年3月31日現在)
従業員数 連結:6,782人 単独:4,244人
(2009年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 (株)日立製作所
主要子会社 日立プラント建設サービス(株) 70.2%
(株)日立テクノロジーアンドサービス 100%
テンプレートを表示

株式会社日立プラントテクノロジー(ひたちプラントテクノロジー、: Hitachi Plant Technologies, Ltd.)は、かつて存在した日立グループ企業。社会・産業インフラ機械、メカトロニクス機械、エネルギーシステム、産業プラントシステム、空調システムなどを手掛けていたが、2013年4月1日、親会社の日立製作所に吸収合併された。

沿革[編集]

  • 1929年昭和4年) - 株式会社共成組を設立。
  • 1935年(昭和10年) - 日立製作所の子会社となる。
  • 1940年(昭和15年) - 日立工事株式会社に社名変更。
  • 1968年(昭和43年) - 日立プラント建設株式会社に社名変更。
  • 1970年(昭和45年)4月1日 - 東京証券取引所大阪証券取引所各2部に上場。
  • 1971年(昭和46年) - 東京証券取引所、大阪証券取引所各1部へ指定替え。
  • 2006年平成18年)4月1日 - 日立プラント建設・日立機電工業・日立インダストリイズおよび日立製作所の電機グループの一部を統合し、株式会社日立プラントテクノロジーに社名変更。
  • 2010年(平成22年)4月1日 - 日立製作所の完全子会社となる。
  • 2013年(平成25年)2月1日 - 完全親会社である日立製作所が、同年4月1日付で日立プラントテクノロジーを吸収合併する事を発表[1]
  • 2013年(平成25年)4月1日 - 日立製作所に吸収合併され、解散。

脚注[編集]

  1. ^ 社会イノベーション事業の強化に向けた日立プラントテクノロジーの吸収合併について-日立製作所

外部リンク[編集]