日田バイパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国道210号標識
国道212号標識

日田バイパス(ひたバイパス)は、大分県日田市内を通る国道210号バイパス。日田市内の中心部の渋滞解消を目的に1977年(昭和52年)に事業化され、2005年(平成17年)12月3日に全線開通した。

路線概要[編集]

  • 距離:5.3km
  • 起点:大分県日田市大字石井
  • 終点:大分県日田市大字小ヶ瀬

歴史[編集]

  • 1977年(昭和52年)事業化
  • 1983年(昭和58年)6月28日 都市計画決定
  • 1993年(平成5年)12月3日 日田市大字高瀬 - 大字日高間が開通。
  • 2005年(平成17年)12月3日 全線開通

重複区間[編集]

  • 大分県日田市高瀬:国道212号

接続路線[編集]

周辺[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]