日産・Y型エンジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Y型エンジン日産自動車がかつて製造していたV型8気筒OHVガソリンエンジンである。1990年まで製造された。

バリエーション[編集]

Y40[編集]

1965年登場。

3,988cc

Y44[編集]

1973年登場。

4,414cc

内径×行程:92.0mm×83.0mm

  • 搭載車種
    • プレジデント250型

Y44E[編集]

Y44E

1975年4月登場、1990年10月まで搭載。自動車排出ガス規制に対応するための機器が装着され、日産の市販車としてNAPSの名称が初めて用いられたエンジンでもあった。

4,414cc

内径×行程:92.0mm×83.0mm

インジェクション仕様

スペック:200PS(147kw)/4,800rpm 34.5kgm(338Nm)/3,200rpm(グロス値) 1990年1月以降はネット値。<出力不明>

  • 搭載車種
    • プレジデント250型

関連項目[編集]