日永の追分

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
京都・伊勢方面に向かい、
右:東海道
左:伊勢街道
地図

日永の追分(ひながのおいわけ) は三重県四日市市追分にある、東海道伊勢街道の分岐点(追分)。現在は国道1号線の追分交差点となっている。

東海道五十三次四日市宿石薬師宿間の宿でもあり、旅籠茶店があった。三重県指定記念物(史跡)となっている(1938年指定)。

  • 伊勢神宮二の鳥居:安永3年(1774年)の建立以来、伊勢神宮式年遷宮毎に神宮の古材を使って建て替えられる。
  • 常夜燈:安永3年(1774)建立。
  • 道標:嘉永2年(1849年)建立。「左いせ参宮道」「右京大坂道」「すぐ江戸道」とある。
  • 旧道標:明暦2年(1656年)建立。日永神社に移転。「京」「山田」「南無阿弥陀仏 恵心」とある。

所在地・交通[編集]

三重県四日市市追分3-3013-1北緯34度56分08秒 東経136度35分53.5秒 / 北緯34.93556度 東経136.598194度 / 34.93556; 136.598194座標: 北緯34度56分08秒 東経136度35分53.5秒 / 北緯34.93556度 東経136.598194度 / 34.93556; 136.598194

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • ウィキメディア・コモンズには、日永の追分に関するカテゴリがあります。