日本OSS奨励賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本OSS奨励賞(にほんオーエスエスしょうれいしょう)とは、オープンソースソフトウェア(OSS)開発の振興を図ることを目的に、OSS開発、普及において、概ね最近の1年間に特に優れた成果を出した、あるいは活動した個人ないしはグループを表彰するものである。2009年度に日本OSS貢献者賞と併催される賞として創設された。日本OSS推進フォーラムおよび 独立行政法人情報処理推進機構 などが主催し、審査委員会や実行委員会は日本OSS貢献者賞と同時に運営されている。

これまでの実施、受賞者[編集]

第10回[編集]

日本OSS推進フォーラムが主催となり実施され、2015年10月24日オープンソースカンファレンス 2015 Tokyo/Fallの会場内にて授賞式が開催された。[1]審査委員長は 筧捷彦早稲田大学 理工学術院 基幹理工学部/研究科 情報理工学専攻 教授)、実行委員長は 濱野賢一朗 (株式会社NTTデータ)。日本OSS貢献者賞と実施回数を合わせるために、便宜的に第10回と呼称されているが、実際には6回目の実施にあたる。[2]

受賞者 受賞理由
鯵坂明 Apache Hadoopの品質向上やメンテナンスリリース
江木聡志 パターンマッチ指向言語 Egison の開発
榎真治 LibreOfficeに関する情報発信
奥村隆一 YUI、YUIDoc、FormatJS等の開発貢献
猿田浩輔 Apache Sparkの品質向上や可視化機能の開発
末永恭正 HeapStatsの開発、OpenJDK開発への貢献
細田真道 GNU LilyPond開発への貢献
宮下剛輔 Serverspecの開発
吉田真也 OpenJDK開発への貢献
国土地理院 情報普及課 地理院地図のOSS提供ほか

第9回[編集]

日本OSS推進フォーラムが主催となり実施され、2014年2月28日オープンソースカンファレンス 2014 Tokyo/Springの会場内にて授賞式が開催された。審査委員長は 筧捷彦早稲田大学 理工学術院 基幹理工学部/研究科 情報理工学専攻 教授)、実行委員長は 濱野賢一朗 (株式会社NTTデータ)。日本OSS貢献者賞と実施回数を合わせるために、便宜的に第9回と呼称されているが、実際には5回目の実施にあたる。[3]

受賞者 受賞理由
池田大輔 ZABBIX-JPコミュニティスタッフとしての貢献
小沢健史 Apache Hadoopのリソース制御機構YARNの新機能開発
田籠聡 Apache Hadoopに関する情報発信、Fluentdとshib、norikraの開発
辻川竜宏 HTTP/2のサンプル実装提供と仕様テストへの貢献
早川輝 LinuxカーネルDevice-mapperのキャッシュdm-writeboostの開発
松尾隆利 HAクラスタソフトPacemakerと、PostgreSQLの連携機能の開発
松本亮介 mrubyやmod_mruby、ngx_mruby開発への貢献
盧亦愷 現役高校生としてのQt開発などOSS開発活動への貢献

第8回[編集]

日本OSS推進フォーラムが主催となり実施され、2013年2月22日オープンソースカンファレンス 2013 Tokyo/Springの会場内にて授賞式が開催された。[4][5]審査委員長は 筧捷彦早稲田大学 理工学術院 基幹理工学部/研究科 情報理工学専攻 教授)、実行委員長は 濱野賢一朗 (株式会社NTTデータ)。日本OSS貢献者賞と実施回数を合わせるために、便宜的に第8回と呼称されているが、実際には4回目の実施にあたる。[6]

受賞者 受賞理由
青田直大 Gentoo Linux公式開発者
櫛井優介 YAPC::Asia Tokyo運営などコミュニティサポートを実践
斯波健徳 Spiderの開発やmroongaの開発メンテナンス
増井雄一郎 MobiRuby等を開発
結城洋志 Firefoxの拡張機能の開発
吉川拓哉 KVM(Kernel-based Virtual Machine)への開発貢献
オープンソースカンファレンス事務局 OSS情報の発信の場を提供やOSS関係者の連携に貢献
groonga開発チーム groongaの開発
特定非営利法人TOPPERSプロジェクト 組み込みソフトウエアを開発する産学 官連携のプロジェクト

第7回[編集]

日本OSS推進フォーラムが主催となり実施され、2012年3月16日オープンソースカンファレンス 2012 Tokyo/Springの会場内にて授賞式が開催された。[7]審査委員長は 筧捷彦早稲田大学 理工学術院 基幹理工学部/研究科 情報理工学専攻 教授)、実行委員長は 岩岡 泰夫 (日本電気株式会社)。日本OSS貢献者賞と実施回数を合わせるために、便宜的に第7回と呼称されているが、実際には3回目の実施にあたる。[8]

受賞者 受賞理由
井上敬浩 MongoDBなどにフォーカスした勉強会を企画・運営
木下靖文 MySQLのストレージエンジンInnoDBの性能改善
福森匠大 Rubyコミッター、Shinsai.info情報収集機能の開発(中学生)
矢倉大夢 Linuxカーネルへの開発貢献(中学生)
山本裕介 Twitter4Jの開発、Twitter APIに関する勉強会の開催
下北沢オープンソースCafe OSSに着眼したコワーキングスペースの提供
Sinsai.info開発者、情報ボランティア一同 OSSによる復興支援プラットフォーム提供と情報発信
日本Rubyの会 「日本Ruby会議」の支柱として会議を支える

2010年度[編集]

独立行政法人 情報処理推進機構 が主催となり実施され、2010年10月28日に IPA Forum 2010 の会場内にて授賞式が開催された。審査委員長は 竹内郁雄東京大学 名誉教授)、実行委員長は 濱野賢一朗 (株式会社NTTデータ)。2回目の実施である。[9][10][11]

受賞者 受賞理由
池田百合子 WordPressの携帯ブログ構築プラグインKtai Style開発者
岩松信洋 Debian Project公式開発者。SHアーキテクチャへの移植に貢献
角藤亮 TeX日本語環境を整備・開発、配布
塚田朗弘 日本電子専門学校 電設部 IT勉強会プロジェクトリーダーを務め、勉強会の普及に貢献
藤井雅雄 PostgreSQLに標準採用されたデータ複製機能ストリーミング・レプリケーションを開発
古橋貞之 キーバリュー型データストアkumofsを開発
OSGeo財団日本支部 オープンソース地理空間ソフトウエアFOSS4G普及促進団体
しまねOSS協議会 島根県でOSSにかかわる企業、技術者、研究者、ユーザーの団体

2009年度[編集]

独立行政法人 情報処理推進機構 が主催となり実施され、2009年10月29日に IPA Forum 2009 の会場内にて授賞式が開催された。[12]審査委員長は 相磯秀夫東京工科大学 理事)、実行委員長は 濱野賢一朗 (株式会社NTTデータ)。この実施が初回である。[13][14][15]

受賞者 受賞理由
新井紀子 OSSの教育用ポータル向けCMS「NetCommons」を開発、公開
安藤祐介 Webアプリケーション開発フレームワークCakePHPコミュニティの日本での発展に寄与
新藤愛大 BeInteractive!というサイトでActionScript/Flashに関する技術情報を発信し、Flash技術の普及・啓発に貢献
髙木正弘 PHPのマニュアルの日本語翻訳について、精力的な活動を実施
寺島広大 運用監視ソフトウェアZabbixの日本コミュニティの代表を務め、普及に貢献
林拓人 独自のCyanやYellow言語を開発、公開
山形県立寒河江工業高等学校・情報技術科 オープンソースソフトウェア環境の体験等を通して、生徒・教員全体の情報リテラシー向上に寄与
LOCAL 北海道におけるユーザ会、勉強会などの技術系地域コミュニティの活動を支援

脚注[編集]

[脚注の使い方]