日本麦酒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日本麦酒(にっぽんびーる)とは日本のビールの製造販売会社、及びブランド。

  1. 日本麦酒醸造 1887年9月設立。東京府荏原郡三田村(現在の東京都目黒区三田)に工場(現在の恵比寿ガーデンプレイス)を設け、1890年「恵比寿麦酒」を発売。1900年三井物産出身の馬越恭平が経営に乗り出す。この馬越の画策により、1906年9月大日本麦酒に合併。
  2. 日本麦酒鑛泉 1921年根津嘉一郎が経営する加富登麦酒(カブトビール。愛知県半田市)が帝国鉱泉(三ツ矢シャンペンサイダー)と日本製壜(山本為三郎創業の製ビン会社)を合併して成立。1925年横浜の金線飲料を合併。ユニオンビールを主力商品とし、カブトビール、三ツ矢シャンペンサイダー、金線サイダーを製造販売していた。特に大日本麦酒とは激しい販売競争を繰り広げたが、1933年に大日本麦酒に合併。
  3. 日本麦酒 1949年過度経済力集中排除法に基づき、大日本麦酒の第二会社として設立。現在のサッポロホールディングス。新たにニッポンビールのブランドでスタートしたが、キリンビールアサヒビールと言った既存のブランドの前に苦戦を強いられ、1956年北海道下でサッポロビールのブランドを復活し、翌1957年全国的にサッポロビールのブランドに切り替えた。1964年サッポロビール株式会社に商号を変更。詳細はサッポロビールの項を参照。
  4. 日本ビール 東京都目黒区に本社を置く海外ビールの輸入販売を行う会社。詳細は日本ビールの項を参照。