日本農業遺産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

日本農業遺産(にほんのうぎょういさん)は、国連食糧農業機関(FAO)による世界農業遺産(GIAHS)に対し、その国内版として農林水産省が制定した制度である。2016年度に初となる候補地公募と一回目の選定を行った。

選定基準[編集]

世界農業遺産同様、1.遺産登録後も農業従事者土地所有者の生計の保障があること、2.生物多様性があること、3.伝統的な農法が継承されていること、4.農業に関連する文化が伴うこと、5.遺産価値を証明する土地利用があること。これに加え日本独自に6.災害時に対する回復力があること、7.農業法人NPOなど多様な主体の参加が見込まれること、8. 6次産業の推進が盛り込まれた。[1]

目的[編集]

国内農業は高齢化により後継者不足から耕作放棄地限界集落が増え、結果として農業景観も失われつつあり、その保護も目的とする。

また、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)農業分野や、アベノミクス地方創生に伴う「攻めの農業」を展開する目的からも、農作物ブランド化の必要性が高まったことをうけての措置でもある。[2]

登録地[編集]

2016年度[編集]

世界農業遺産への発展[編集]

2016年に第一期の日本農業遺産に選定されたものの中から、2017年に「大崎耕土の巧みな水管理による水田農業システム(Osaki Kôdo's Traditional Water Management System for Sustainable Paddy Agriculture)」が、2018年に「静岡水わさびの伝統栽培(Traditional wasabi cultivation in Shizuoka)」と「にし阿波の傾斜地農耕システム(Nishi-awa steep slope land agriculture system)」が世界農業遺産に認定された。

関連事業[編集]

農林水産省では同時に食と農の景勝地認定制度も進めている[3]

脚注[編集]

註釈[編集]

  1. ^ 同じ範囲、同じ条件で「葡萄畑が織りなす風景-山梨県峡東地域」の名称で2018年に日本遺産に認定された

関連項目[編集]

外部リンク[編集]