日本語入力システムの一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日本語入力システムの一覧では主要な日本語入力システム(FEP, IM, TIP)を紹介する。

パソコン向け[編集]

WindowsmacOS*nixのいわゆるデスクトップ用途で利用される日本語入力システム。ワープロ専用機にのみ同梱された日本語入力システムについては特には掲載しない。ワープロ機種の例はワードプロセッサCategory:ワードプロセッサを参照。

名称 種別 開発元 備考
Anthy かな漢字変換 Debian 基本的に漢字変換のみを扱う。入力そのものはuimや、付属のanthy.elなどを通じて行う
ATOK かな漢字変換 ジャストシステム
Baidu IME かな漢字変換 バイドゥ フリーウェア
ClareFrontend かな漢字変換 キヤノン販売 NeXTSTEPの標準
Canna かな漢字変換 オープンソース 元々はNECが開発していたが、後にオープンソース化。漢字変換のみ
EGBRIDGE かな漢字変換 エルゴソフト
FIXER  ? シティソフト
Google 日本語入力 かな漢字変換 Google フリーウェア。オープンソース版はMozcという。
Microsoft IME かな漢字変換 マイクロソフト 日本語以外(中国語を含む)も対応する
Japanist かな漢字変換 富士通 前身にOAKというソフトがある
Katana  ? サムシンググッド 初期は大塚商会が開発していた
NECAI かな漢字変換 NEC PC-9800シリーズ用
PRIME  ? 漢字変換のみ
sj3  ? 元々はソニーが開発していたが、後にオープンソース化。漢字変換のみ
SKK かな漢字変換 SKK Openlab
T-Code  ?
Tegaki  ?
TUT-Code  ? 大岩 元,高嶋孝明
VJE  ? バックス
Wnn かな漢字変換 オムロン
WXG  ? エー・アイ・ソフト
松茸  ? 管理工学研究所
ことえり  ? Apple
漢字直接入力 演算星組 現在はシェアウェア
かわせみ かな漢字変換 物書堂
書院IME かな漢字変換 シャープ ワープロ専用機のIMから派生。Power書院というワープロソフトにも同梱される。

組み込み機器、携帯電話向け[編集]

カーナビのような組み込み機器、スマートフォンフィーチャーフォンPHSのような携帯電話に搭載された日本語入力システム。

名称 種別 開発元 備考
ATOK かな漢字変換 ジャストシステム +ATOK、ATOK Pad など
Compact-VJE  ? バックス
FSKAREN かな漢字変換 富士ソフト シャープの「ケータイShoin」も基幹部分はほぼ共通
Google 日本語入力 かな漢字変換 Google Android
J for S60  ? 管理工学研究所
POBox かな漢字変換 ソニー 単体では予測変換システムで、ソニーエリクソンの端末ではWnnシリーズとの組み合わせで搭載)
Mazec 交ぜ書き変換 MetaMoJi 手書き入力キーボードアプリ
Mogic Engine かな漢字変換 NEC
Mobile Rupo かな漢字変換 東芝 同社製のワープロ「Rupo」搭載の変換ソフトに由来
Wnn かな漢字変換 オムロン iWnn・Advanced Wnnなど(ワークステーション向けソフトに由来)

特定のクライアントを持たないウェブベースのシステム[編集]

Web APIの提供が主のもの。

名称 種別 開発元 備考
Ajax IME かな漢字変換 工藤 拓 MeCabなどの開発者。
かな漢字変換 かな漢字変換 Yahoo! JAPAN 以前はYahooかな漢字変換Web APIと呼ばれていた
Social IME かな漢字変換 奥野陽 ユーザー参加型。
Google CGI API for Japanese Input かな漢字変換 Google

関連項目[編集]