日本語ワープロ検定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本語ワープロ検定
略称 ワープロ検定
実施国 日本の旗 日本
資格種類 民間資格
分野 コンピュータ・情報処理
試験形式 CBT
認定団体 日本情報処理検定協会
後援 文部科学省
等級・称号 初段 - 4級
公式サイト 日本語ワープロ検定試験
ウィキプロジェクト ウィキプロジェクト 資格
ウィキポータル ウィキポータル 資格
テンプレートを表示

日本語ワープロ検定(にほんごワープロけんてい)とは日本語ワードプロセッサによる文書処理能力向上を図る為に実施、日本情報処理検定協会が主催する民間検定試験文部科学省後援。

階級は4級、3級、準2級、2級、準1級、1級、初段の7種。試験内容は決められた時間内に処理を行なう「速度」と「文書作成」の二つがある。受験資格に制限はない。

各級の違い[編集]

「速度」の試験時間は10分「文書作成」の試験時間は20分。用紙サイズはA4、1行40字。これらは4級から初段まで全て共通である。

4級[編集]

速度
漢字含有率:23~26% 1ミス:1文字減 合格文字数:200文字以上
文書作成
出題内容:手書き問題からビジネス文書を作成 1ミス:2点減 合格点数:80点

3級[編集]

速度
漢字含有率:23~26% 1ミス:1文字減 合格文字数:300文字以上
文書作成
出題内容:手書き問題からビジネス文書を作成(表を含む)1ミス:2点減 合格点数:80点

※4級、3級のビジネス文書の試験問題には文章番号、件名等が正しい位置に書かれているが、準2級以降の試験問題は全てが左揃えで印刷されている。但し、初段の文書作成Iでは構成要素が正しい順番に並んではいないので、正しい順番に並べ替える必要がある。

準2級[編集]

速度
漢字含有率:25~30% 1ミス:3文字減 合格文字数:400文字以上
文書作成
出題内容:手書き問題からビジネス文書を作成(表を含む) 1ミス:2点減 合格点数:80点

2級[編集]

速度
漢字含有率:25~30% 1ミス:3文字減 合格文字数:500文字以上
文書作成
出題内容:手書き問題からビジネス文書を作成(表を含む) 1ミス:2点減 合格点数:80点

準1級[編集]

速度
漢字含有率:25~35% 1ミス:5文字減 合格文字数:600文字以上
文書作成
出題内容:手書き問題からビジネス文書を作成(表、地図を含む) 1ミス:2点減 合格点数:80点

1級[編集]

速度
漢字含有率:25~35% 1ミス:5文字減 合格文字数:700文字以上
文書作成
出題内容:手書き問題からビジネス文書を作成(表、地図を含む) 1ミス:2点減 合格点数:80点

初段[編集]

速度
漢字含有率:35~40% 1ミス:5文字減 合格文字数:800文字以上
文書作成I
出題内容:手書き問題からビジネス文書を作成(表、地図を含む) 1ミス:2点減 合格点数:80点
文書作成II
出題内容:グラフ、ソート、図形、段組み、網掛け、計算機能など 1ミス:2点減 合格点数:80点

減点基準[編集]

減点基準は4級から初段まで全て共通である。

速度[編集]

文字の大きさやフォントが混合していると1つごとに1ミスとなる。

試験時間 用紙サイズ 1ミスに

対して

漢字含有率 文章内容 出題内容 合格文字数
4級 10分 A4判縦 1文字減 23%~26% 一般的現代文 手書き問題

から入力

200文字以上
3級 300文字以上
準2級 3文字減 25%~30% 400文字以上
2級 500文字以上
準1級 5文字減 25%~35% 600文字以上
1級 700文字以上

文書作成

試験時間 用紙サイズ 1ミスに

対して

出題内容 合格点数
4級 20分 A4判縦 2点減 手書き問題から

ビジネス文書作成

80点以上
3級 手書き問題から

ビジネス文書作成(表を含む)

準2級 手書き問題から

ビジネス文書作成(表を含む)

2級 手書き問題から

ビジネス文書作成(表を含む)

準1級 手書き問題から

ビジネス文書作成(表・地図を含む)

1級 手書き問題から

ビジネス文書作成(表・地図を含む)

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]