日本海間瀬サーキット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:外観の画像提供をお願いします。2016年11月
日本の旗 日本海間瀬サーキット
概要
所在地 日本の旗 新潟県新潟市西蒲区間瀬610
座標 北緯37度44分41.29秒
東経138度48分6.53秒
座標: 北緯37度44分41.29秒 東経138度48分6.53秒
オーナー 小山 大介
営業期間 1967年 -
コース長 2000m
コーナー数 14
テンプレートを表示

日本海間瀬サーキット(にほんかいまぜサーキット)は、新潟県新潟市西蒲区間瀬にあるサーキット。全長2Kmのテクニカルなコースで、名前の通り日本海に面している。2輪や4輪の走行会を中心に使用されている。

歴史[編集]

1967年に当時医師であった藤田喜一が開設。1970年に舗装化されロードコースとしてリニューアルされた。1978年に一旦閉鎖されたが、1987年に営業を再開する。再開にするにあたり当初左回りコースだったものを右回りコースに変更、加えて安全性向上のため若干レイアウトが変更された。サンデーレースでよく利用される。

その昔富士グランチャンピオンレース(富士GC)が開催されたことがある。キャンディーズのコンサートも併催された。チームルマン監督の土沼広芳がこれを見てレース業界に入ろうと決めたともいわれている。

2012年3月まで中村隆士が経営者で、当サーキットと富山県富山市八尾町平林のおわらサーキットとをリンクさせ経営していたがその中村隆士は土地所有者(地権者)となり現在の経営者は不明。

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]