日本海中部海域不審船事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日本海中部海域不審船事件(にほんかいちゅうぶかいいきふしんせんじけん)とは、2002年9月4日に発生した、北朝鮮工作船と見られる不審船日本海上で発見された事件。

概要[編集]

2002年9月4日午後5時15分、防衛庁から海上保安庁に対し、「能登半島沖の北北西約400kmの海域にて、不審船が発見された」との通報があり、海上保安庁では、第八管区海上保安本部(舞鶴市)が巡視船15隻、航空機を現場海域に派遣することとなった。首相官邸内の危機管理センター内には官邸対策室が設けられ、海上自衛隊においても、P-3C対潜哨戒機による監視飛行が行われた。

現場海域は、日本の排他的経済水域ではなく公海上であったことから、停船命令を発することなく監視追尾をすることとし、つるぎ型巡視船が能登半島沖の北西約450kmで不審船「ズ・ダン1211[1]」を視認、そのまま監視を続けた。翌9月5日0時37分、不審船が日本の防空識別圏を通過したため、追尾を終了した。

後日、アメリカ軍偵察衛星他の情報から、この事件の当時、日本海上には少なくとも4隻の工作船がいたことが判明した。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ズ・ダン号事件(1987年)とは無関係。

外部リンク[編集]