日本歯科用レーザー・ライト学会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本歯科用レーザー・ライト学会(にほんしかようれーざー・らいとがっかい、Japan Association for Oral Laser Light Applications:JAOLLA)とは、歯科用レーザーの進歩発展を取り扱う専門学術団体の一つである。

概要[編集]

2000年に設立された日本歯科用Nd:YAGレーザー学会と日本歯科用炭酸ガスレーザー学会が2006年に合併し、日本歯科用レーザー学会となる[1]。2013年、日本レーザー・ライト学会に名称変更。現在の学会長は南里嶽仁[1]。役員は、庶務・財務 福田光男、ホームページ 神野剛良、企画 浜田茂、認定医 庄司茂、鈴木雅也、学術・研修 新海航一、木村裕一、渉外津田忠政、北海道支部長 佃宣和、東北支部長 金野俊之、東京都支部長 木庭健次、関東甲信越支部長 中島京樹、中部東海支部長 長瀬好和、近畿支部長 荒川義浩、中国四国支部長 田原清隆、九州沖縄支部長 大浦教一

総会[編集]

年1回

本部事務局[編集]

〒951-8580 新潟県新潟市中央区浜浦町1-8 日本歯科大学新潟生命歯学部歯科保存学第2講座[2]


学会誌[編集]

『日本歯科用レーザー学会誌』(Journal of Japan Association for Oral Laser Applications)

専門認定[編集]

  • 歯科医師
    • 日本歯科用レーザー学会認定医
    • 日本歯科用レーザー学会指導医

大会等[編集]

月日 名称 会長 会場 テーマ 参加者数 備考
2009年 9月5日~6日 第9回日本歯科用レーザー学会総会・学術大会 加藤喜郎 日本歯科大学新潟生命歯学部 レーザー治療の最前線 [3]
2010年 9月4日~5日 第10回日本歯科用レーザー学会総会・学術大会 新谷明喜 日本歯科大学生命歯学部 レーザー治療のイノベーション [4]
2011年 9月10日~11日 第11回日本歯科用レーザー学会総会・学術大会 野口俊英 愛知学院大学 患者にやさしい先進的レーザー治療効果を求めて [5]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 日本歯科用レーザー学会第8回学術大会開催”. クインテッセンス出版. 2011年9月10日閲覧。
  2. ^ 日本歯科用レーザー学会会則”. 日本歯科用レーザー学会. 2011年9月10日閲覧。
  3. ^ 第9回日本歯科用レーザー学会総会・学術大会”. 日本歯科用レーザー学会. 2011年9月10日閲覧。
  4. ^ 第10 回 日本歯科用レーザー学会 総会・学術大会 -演題募集と参加申込みのご案内- (PDF)”. 日本歯科用レーザー学会. 2011年9月10日閲覧。
  5. ^ 「第11回日本歯科用レーザー学会総会・学術大会は名古屋で開催 “患者にやさしい先進的レーザー治療効果を求めて”」『ザ・クインテッセンス』第30巻第12号、クインテッセンス出版東京都文京区、2011年12月、 215頁、 ISSN 0286-407X

外部リンク[編集]