日本橋ストリートフェスタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本橋ストリートフェスタ
会場となるでんでんタウン
会場となるでんでんタウン
イベントの種類 一般イベント
開催時期 毎年3月
初回開催 2005年3月20日
会場 でんでんタウン
主催 日本橋ストリートフェスタ運営委員会
来場者数 約25万人(2015年)[1]
最寄駅 大阪市高速電気軌道堺筋線 恵美須町駅
駐車場 タイムズ大阪難波 (但し、イベント当日は実質的に痛車展示場になる)[2]
公式サイト

日本橋ストリートフェスタ(にっぽんばし[3][4]ストリートフェスタ)は、大阪府大阪市浪速区でんでんタウンで2005年より開催されるコスプレサブカルチャーアニメ痛車関連のイベントである。略称は「ストフェス[5]。コスプレ&キャラクターパレード、メイドパレードや物品販売、痛車の展示がある。公式キャラクターはいとうのいぢ原案による「音々(ねおん)ちゃん」である。 近年では来場者数が約25万人に達し、この種のイベントとしては世界コスプレサミットなどに継ぐ日本有数のイベントに成長した[要出典]

概要[編集]

2005年に開催されるまで、西日本では定期的に開催されるこの種のイベントはDreamParty等、何れも愛好家が内輪で楽しんだり、小規模で限られていた。地元の商店街が中心となって開催したため、会場が道路上であり場所がかなり限定的であるため、世界コスプレサミット名古屋市の街中を練り歩いたり、ラグーナテンボス博物館明治村等テーマパークを貸し切って行う)と違い混雑する。参加者は西日本から集まる[要出典][6]。2018年までは3月後半の春分の日もしくはその前後の日曜日であったが、2019年は例年より早い3月9日で土曜日の開催となった。

開催データ[編集]

回数 開催日 来場者数
第1回[7] 2005年3月20日 約131,000人
第2回[8] 2006年3月21日 約154,000人
第3回 2007年3月21日 約168,000人
第4回 2008年3月20日 約166,000人
第5回 2009年3月20日 約186,000人
第6回 2010年3月21日 約202,000人
第7回 開催中止[9]
第8回 2012年3月20日 約225,000人
第9回 2013年3月24日 約230,000人
第10回 2014年3月21日 約240,000人
第11回 2015年3月21日 約250,000人
第12回 2016年3月20日
第13回 2017年3月19日
第14回 2018年3月18日
第15回 2019年3月9日

出典[編集]

  1. ^ 「日本橋ストリートフェスタ2015」開催
  2. ^ 2016年度には閉鎖される予定
  3. ^ http://www.denden-town.or.jp/festa/
  4. ^ http://nippombashi.jp/festa/2017/
  5. ^ 「ストフェス2017」のコスプレはひと味違った - タチコマ美女に激似ハリポタ、個性が光るなりきりに熱視線” (2017年3月25日). 2017年7月26日閲覧。
  6. ^ 痛車のナンバープレートを見ると四国や九州ナンバーもある。
  7. ^ 第1回日本橋ストリートフェスタ” (2005年3月20日). 2016年1月30日閲覧。
  8. ^ 第2回日本橋ストリートフェスタ” (2013年4月23日). 2016年1月30日閲覧。
  9. ^ 東日本大震災の影響のため。参考リンク

関連項目[編集]

外部リンク[編集]