日本最初のホームページ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日本最初のホームページ(にほんさいしょのホームページ)とは日本国内に設置されたWebサーバから初めて公開されたウェブページの通称である。

概要[編集]

公開が開始された日は、1992年9月30日である。このウェブページは単一のページであり、ウェブサイトの構成は採っていなかった。

用いられたサーバは茨城県つくば市にある文部省高エネルギー物理学研究所計算科学センター(略称KEK、のちの大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構)に既存しており、KEKに所属していた森田洋平によりHTMLで記述された「KEK Information」というタイトルのWWWのページがサーバー上に置かれた。

森田が本ページを配置したきっかけは、1992年9月に欧州原子核研究機構(CERN)を訪問したことによる。当時CERNにおいてWWWの研究および普及を推進していたティム・バーナーズ=リーよりWebサーバ設置を要請された。そこでCERNの端末を借用してKEKにログインしページ記述作業を行い、サーバの上にファイルを置いた。急な作業であったために、ファイルが配置されたサーバはHTTPサーバではなくFTPサーバであった。

その後リーがKEKへのハイパーリンクをCERNのウェブページに追加したことで、このページの公開が世界中に周知された。この日が1992年9月30日である。

なお、日本で最初にHTMLを利用したのは1992年2月に奥乃博日本国憲法などを記述したことであるという。但しこちらは当時WWWへ非公開であったため、日本で最初に公開されたウェブページとはならなかった。

2017年8月現在、このページは株式会社つくばマルチメディアが保存しており、日本最初のWebサーバとなった当時のFTPサーバは高エネルギー加速器研究機構にて保存展示されている[1]

脚注[編集]

  1. ^ 日本最初のホームページ 日本最初のWWWサーバーの保存
[ヘルプ]

外部リンク[編集]