日本映像ソフト制作・販売倫理機構

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本映像ソフト制作・販売倫理機構
団体種類 任意団体
設立 2005年4月1日
所在地 東京都豊島区要町1丁目1番10
サブナード要町401
北緯35度43分58.4秒 東経139度41分55.2秒 / 北緯35.732889度 東経139.698667度 / 35.732889; 139.698667座標: 北緯35度43分58.4秒 東経139度41分55.2秒 / 北緯35.732889度 東経139.698667度 / 35.732889; 139.698667
法人番号 5700150009880 ウィキデータを編集
主要人物 西村忠治(理事長)
活動地域 日本の旗 日本
主眼 映像ソフトの制作・販売に関する業務の振興と健全化
活動内容 映像、画像等の審査及び販売等の倫理基準に関する業務 他
ウェブサイト http://www.seihanrin.jp/
テンプレートを表示

日本映像ソフト制作・販売倫理機構(略称: 制販倫、JVPS)は、アダルトビデオの自主審査機関。2005年に設立された任意団体である。

理事長は西村忠治(クリスタル映像社長)。

発足当初はクリスタル映像1社のみであったため、実質的には自主規制であったが、2005年10月にケイ・エム・プロデュースが加盟。以降、倫理団体として認識されるようになる。

2018年3月26日、AV人権倫理機構に正会員として入会[1]

2019年4月1日、一般社団法人日本映像制作・販売倫理機構が発足し法人化[2]

主な加盟メーカー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ AV人権倫理機構 TOPICS
  2. ^ 2019年 一般社団法人 日本映像制作・販売倫理機構の主な活動状況”. 日本映像制作・販売倫理機構. 2019年10月13日閲覧。

外部リンク[編集]