日本文学盛衰史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本文学盛衰史
著者 高橋源一郎
発行日 2001年5月
発行元 講談社
ジャンル 小説
日本の旗 日本
言語 日本語
ページ数 598
コード ISBN 4062105853
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

日本文学盛衰史』(にほんぶんがくせいすいし)は高橋源一郎の長編小説。『群像』に1997年から2001年にかけて連載され、同年5月に講談社から刊行された(598ページ、ISBN 4062105853)。2004年6月、講談社文庫として文庫化(660ページ、ISBN 4062747812)。

荘重な表題・装丁(墨字の表題・箱入りなど)は学術書や本格的長編を思わせるが、統一的な筋はなく、さまざまな登場人物の物語を集めて構成されている。日本近現代文学の文豪たちの作品や彼らの私生活に素材を取りつつ、ラップアダルトビデオ伝言ダイヤルBBSの書き込みと「」、たまごっち、果ては高橋自らの胃カメラ写真までが登場する、何でもありの破天荒な作品である。

近代の重要な日本文学者が多数取り上げられているが、宮沢賢治を出すことができなかったため、それを受けて『ミヤザワケンジ・グレーテストヒッツ』が著された。

作中の「石川啄木の短歌」は穂村弘、「島崎藤村の詩」は谷川俊太郎の手によるもの。

収録作品一覧[編集]

  1. 死んだ男
  2. ローマ字日記 cf: 石川啄木
  3. ローマ字日記・続
  4. 若い詩人たちの肖像
  5. 若い詩人たちの肖像・続
  6. 若い詩人たちの肖像・続々
  7. A LETTER FROM PRISON
  8. A LETTER FROM PRISON・続
  9. 硝子戸の中
  10. 平凡 cf: 二葉亭四迷
  11. HANA-BI みたいな散歩
  12. 蒲団 '98・女子大生の生本番cf: 田山花袋
  13. 我々はどこから来たのか、そして、どこへ行くのか
  14. 原宿の大患 cf: 修善寺の大患(夏目漱石
  15. されど我らが日々 cf: 柴田翔
  16. 本当はもっと怖い『半日』
  17. WHO IS K?cf: 『こころ
  18. やみ夜
  19. ラップで暮らした我らが先祖
  20. 三四郎
  21. 文学的な、あまりに文学的な
  22. そしていつの日にか
  23. 歴史其侭と歴史離れ cf: 森鴎外
  24. 帰りなん、いざ…
  25. きみがむこうから…

舞台化[編集]

2018年青年団により平田オリザの脚本で舞台化され[1]、第22回鶴屋南北戯曲賞を受賞した。

脚注[編集]