日本救急医学会関東地方会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

日本救急医学会関東地方会(にほんきゅうきゅういがくかいかんとうちほうかい、)は、関東地区救急医学の進歩発展を図るために設立された学術団体。参加都県は、茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川。主たる事務所を東京都中野区中野2-2-3 へるす出版事業部に置いている。

沿革[編集]

1976年4月に第1回関東救急医学研究会として開催され、以降、現在の名称に改称し関東地方における救急医学の進歩・発展を図り、救急医学の普及に貢献することを目的として活動。医師部会・看護部会・救急隊員学術研究会から構成される(2015年12月1日現在)。

事業[編集]

  • 日本救急医学会の地方会として学術集会の開催、機関誌・論文・図書・研究資料の刊行、日本国内外の関係団体との協力活動などを行う

機関誌[編集]

  • 『日本救急医学会関東地方会雑誌』 年数回

脚注[編集]

外部リンク[編集]