日本放射線影響学会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本放射線影響学会
設立年 1959年
種類 学術研究団体
法人番号 9010405013694
目的 放射線の人体と環境に与える影響およびこれに関する諸科学の進歩に寄与し,研究者の連絡と協力を図る
本部 日本
位置
公用語 日本語英語
会長 福本学
親組織 日本放射線研究連合
ウェブサイト http://jrrs.kenkyuukai.jp/special/?id=5548

日本放射線影響学会(にほんほうしゃせんえいきょうがっかい、: The Japan Radiation Research Society、略称 JRRS)は、日本学術研究団体[1]。目的は、放射線の人体と環境に与える影響およびこれに関する諸科学の進歩に寄与し、研究者の連絡と協力を図る、としている。

概要[編集]

1959年、初代会長都築正男らを中心として、日本国内における放射線研究の団体として設立された。以降、放射線の生体への影響を解明するために、医学・生物学だけでなく、化学、物理学、環境科学、疫学などを包括する学際的な性格を有した。

主な活動[編集]

日本放射線影響学会の主な活動は次の通り[2]

  • 年1回総会の開催
  • 研究成果を発表するための年1回の大会開催
  • その他講演会,シンポジウムなどの会合の開催
  • 研究成果発表のための会誌Journal of Radiation Researchの発行
  • 国内および諸外国の関係学術団体および国際団体との連携活動

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]