日本寺大仏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本寺大仏

日本寺大仏(にほんじだいぶつ)は、千葉県安房郡鋸南町日本寺にある大仏である。

日本寺は、正式には「乾坤山 日本寺(けんこんざん にほんじ)」といい、725年(神亀2年)に聖武天皇勅詔により行基によって開かれた古刹である。

特徴[編集]

建立の経緯[編集]

元々の大仏は、1783年(天明3年)に大野甚五郎英令が門弟27名とともに岩を彫刻して建立したものだった。建立当時の高さは92(約37.7m)。

だが、岩を彫刻した大仏であったこともあって長年の雨風により侵食江戸時代末期には著しい破損が発生して崩壊状態になっていた。そのため1966年(昭和41年)から仏師八柳恭次を中心に修復が行なわれ、1969年(昭和44年)に完成した。この時、以前の崩壊箇所等がある関係から、像高は原型より約7m低い31.0mとなった。

所在地[編集]

  • 千葉県安房郡鋸南町元名184(鋸山一帯が日本寺の境内である)

交通アクセス[編集]

外部リンク[編集]