日本学習社会学会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本学習社会学会(にほんがくしゅうしゃかいがっかい)は、生涯学習に関する実践的並びに理論的研究を促進し、研究の交流および情報交換等を行うことを通して、日本における学習社会の発展に寄与することを目的に、2004年4月に創設された教育関連の学術団体である。日本学術会議協力学術研究団体として認められている。

概要[編集]

2007年9月に、日本学術会議協力学術研究団体に指定された。歴代会長は、川野辺敏(国立教育政策研究所名誉所員)、小島弘道(筑波大学名誉教授)、前田耕司(早稲田大学教授)、現在の会長は、佐藤晴雄(日本大学教授)。事務局は、日本大学に置かれている。2010年11月現在の会員数は、297名である。 毎年会員数を着実に伸ばし、大学の研究者のみならず、社会教育職員や学校教職員、教育委員会職員、NPO関係者、成人学習者、地域活動を行う市民など多様な会員の研究の場として定着してきている。 活動としては、大会の開催(年1回)、研究会の開催(年1回)、年報の発行(年1回)、論文集『学習社会研究』の発行(学事出版刊・随時発行)、会報の発行(年1回)などがある。学会ホームページを開設している(http://learning-society.net/)。 学会創設10周年を記念して、『学習社会への展望』(明石書店、2016年)を刊行した。

歴代大会開催校[編集]

第1回大会(2004年9月)      帝京大学

第2回大会(2005年9月)      宇都宮大学

第3回大会(2006年9月)      筑波大学

第4回大会(2007年9月)     常葉学園大学 

第5回大会(2008年9月6日~7日) お茶の水女子大学

第6回大会(2009年9月5日~6日) 龍谷大学(京都市)

第7回大会(2010年11月)     三鷹市公会堂

第8回大会(2011年9月)      岐阜大学

第9回大会(2012年9月)      東京未来大学

第10回大会(2013年8月)     関西大学

第11回大会(2014年9月)     早稲田大学

第12回大会(2015年9月)     北海道教育大学釧路校

第13回大会(2016年9月)     日本女子大学

第13回大会(2017年9月)     国士舘大学世田谷キャンパス


関連項目[編集]

外部リンク[編集]