日本医療労働組合連合会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本医療労働組合連合会
(医労連)
Japan federation of Medical Worker's Unions
設立年月日 1957年昭和32年)8月31日
組織形態 産業別労働組合
組合員数 約15.4万人[1]
国籍 日本の旗 日本
本部所在地 〒110-0013
東京都台東区入谷1-9-5
法人番号 9010505001079
加盟組織 全国労働組合総連合
公式サイト 日本医療労働組合連合会

日本医療労働組合連合会(にほんいりょうろうどうくみあいれんごうかい、英語Japan federation of Medical Worker's Unions、略称:医労連)は、日本病院診療所介護福祉施設等で働く労働者が組織する労働組合の連合体であり、日本で最大規模の医療労働者の産業別労働組合である。全国労働組合総連合(全労連)に加盟している。現在の委員長は中野千香子。

7つの全国組合と47の都道府県医労連で構成され、現在約17万人の組合員が存在する[2][3]。その範囲は国立病院国立高度専門医療研究センターを含む)、国立療養所日赤病院大学病院から民間病院、地域の薬局老人福祉施設保育所にまで及んでいる[2]

歴史[編集]

1945年に日本が敗戦し、その後日赤病院や国立病院(現国立病院機構)で様々な労働組合が生まれ、その連合体として1957年8月31日に前身となる日本医療労働組合協議会(医労協)が9組合30,850人で結成された。「ふたたび白衣を戦場の血で汚(けが)さない」をスローガンとする。

1960年の「病院ストライキ」で、看護婦の「恋愛・結婚・通勤の自由」を獲得。1968年の「増員・夜勤制限闘争」、1978年の「さわやか運動(5点改善運動)」(①差額ベッドの規制・解消②付き添い看護料の患者負担廃止③病院給食改善④高額療養費の医療機関への受領委任⑤患者からの贈り物廃止)、1989年より看護婦不足の解消などを求める「看護婦闘争=ナースウェーブ」を展開してきた[2]

1987年に、結成30周年の大会で協議体から連合体組織へ移行する。1989年の定期大会で全労連結成への参加を決定した[4]

主張[編集]

医労連は医療問題について様々な主張を積極的に行っている。その中で有名なのものが「医師看護師の増員要求」である。医労連が行う医療労働者に対する実態調査では、人材不足の為に厳しい状態に陥っている医師・看護師の実態が明らかにされている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度43分11秒 東経139度47分11秒 / 北緯35.719773度 東経139.786278度 / 35.719773; 139.786278