日本動物分類学会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本動物分類学会(にほんどうぶつぶんるいがっかい、英語: The Japanese Society of Systematic Zoology)は、動物分類学に関する理解・親睦・振興を目的とした学会である。創立時は「動物分類学会」という名称であった[1]

会員数は約380名[2]。本学会事務局所在地は国立科学博物館分館内[3]

主な活動は、会誌の発行、大会やシンポジウムの開催、日本動物分類学会賞の制定などである[2]

出版物[編集]

会誌

  • Species Diversity
  • タクサ
  • 動物分類学会誌(1996年に刊行終了)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 鈴木實「動物分類学会の創立に関した見聞録」『タクサ : 日本動物分類学会誌』第19号、日本動物分類学会、2005年8月20日、 79-82頁、 NAID 110006838957
  2. ^ a b 「日本動物分類学会会則」
  3. ^ 「日本動物分類学会について」

外部リンク[編集]