日本写真印刷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本写真印刷株式会社
NISSHA PRINTING CO.,LTD
種類 株式会社
市場情報


東証1部 7915
大証1部(廃止) 7915
2013年7月12日上場廃止
略称 NISSHA、ニッシャ
本社所在地

日本の旗 日本
604-8551
京都府京都市中京区壬生花井町3

北緯35度0分15.73秒 東経135度44分25.63秒 / 北緯35.0043694度 東経135.7404528度 / 35.0043694; 135.7404528座標: 北緯35度0分15.73秒 東経135度44分25.63秒 / 北緯35.0043694度 東経135.7404528度 / 35.0043694; 135.7404528
設立 1946年12月28日
業種 その他製品
代表者 代表取締役社長 鈴木順也
資本金 76.6億円
売上高 連結1158.0億円
(2017年3月期)
営業利益 連結△39.0億円
(2017年3月期)
純利益 連結△74.1億円
(2017年3月期)
純資産 連結746.1億円
(2017年3月期)
総資産 連結1594.7億円
(2017年3月期)
従業員数 単体802名、連結5,133名
(2017年3月)
決算期 3月31日
主要子会社 ナイテック工業ナイテック・プレシジョンナイテック・モールドエンジニアリング
外部リンク www.nissha.co.jp
特記事項:各種経営指標は2017年3月期[1]
テンプレートを表示

日本写真印刷株式会社(にほんしゃしんいんさつ)は、日本の印刷会社。本社は京都府京都市中京区にある。

概要[編集]

高品質な美術印刷を得意とする創業80年を超える大手印刷会社ではあるが、高度な印刷技術を使った加飾フィルムや最先端のタッチセンサーでグローバル展開している。近年は印刷用資材である蒸着紙を手がけたり、メディカル分野にも進出している。 特にタッチセンサーでは世界トップレベルのシェアを持ち、近年のタッチパネルの旺盛な需要に伴い、成長が著しい。印刷業界が構造不況に陥るなか、好調な業績をあげている。 京都サンガF.C.のオフィシャルスポンサーでもある。

沿革[編集]

製品[編集]

  • 産業資材事業:加飾フィルム、プラスチック成形品、蒸着紙
  • ディバイス事業:タッチセンサー、ガスセンサー
  • ライフイノベーション事業:医療機器
  • 情報コミュニケーション事業:商業・出版印刷、セールスプロモーション

主要取引先[編集]

文化財[編集]

本館が国の登録有形文化財に登録されている。この建物は1906年に京都綿ネル株式会社の事務所として建築されたものである。

不祥事など[編集]

創業家の税務問題[編集]

同社創業家の名誉会長鈴木正三2011年11月に死去し、現社長で長男の鈴木順也ら親族が財産を相続したが、相続した財産約6億4,000万円について、大阪国税局から申告漏れを指摘されていたことが、2015年11月11日付の各新聞報道などで判明した。鈴木順也氏は代理人を通じて「見解の相違はあったが修正申告した」とコメントしている[2]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://www.nissha.com/ir/library/had98i0000001mpl-att/securities_201703.pdf
  2. ^ 申告漏れ:元日本写真印刷社長、相続財産6億4000万円 毎日新聞 2015年11月11日