日本再生歯科医学会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

日本再生歯科医学会(にほんさいせいしかいがっかい、Japanese Association of Regenerative Dentistry;JARD)とは、歯科における再生医学を中心とした学問を取り扱う専門学術団体の一つである。

概要[編集]

2003年に設立された[1]。2013年現在、会長は吉山昌宏

総会[編集]

  • 年1回

本部事務局[編集]

  • 〒700-8525 岡山市鹿田町二丁目5番1号

学会誌[編集]

  • 『日本再生歯科医学会誌』年2回発刊 ISSN:1348-9615
  • 『Journal of Oral Tissue Engineering』年3回発刊 ISSN:1348-9623

専門認定[編集]

  • 日本再生歯科医学会認定医

大会等[編集]

月日 名称 会長 会場 テーマ 参加者数 備考
2003年 10月14日 第1回日本再生歯科医学会学術大会および総会 吉山昌宏 岡山大学歯学部

[2]

2004年 9月4日 第2回日本再生歯科医学会学術大会および総会 斎藤隆史 北海道歯科医師会館

[3]

2005年 9月3日 第3回日本再生歯科医学会学術大会および総会 春日井昇平 東京医科歯科大学

[4]

2006年 9月9日~10日 第4回日本再生歯科医学会学術大会および総会 今井久夫 大阪マーチャンダイズ・マートビル 硬組織再生の新たな展開

[5]

2007年 9月22日~23日 第5回日本再生歯科医学会学術大会および総会 井上孝 東京歯科大学血脇記念ホール 口腔組織再生の到達点

[6]

2008年 9月12日 第6回日本再生歯科医学会学術大会・総会 佐藤田鶴子 日本歯科大学九段ホール 基礎と臨床のインターフェイス

[7]

2009年 9月12日 第7回日本再生歯科医学会学術大会および総会 寺下正道 九州歯科大学 歯と骨の再生
- 生体材料・細胞誘導・サイトカイン -

[8]

2010年 10月29日~30日 第8回日本再生歯科医学会学術大会および総会 河合逹志 愛知学院大学歯学部楠元校舎 「再生医療とバイオマテリアルの現状と未来

[9]

2011年 9月10日 第9回日本再生歯科医学会学術大会・総会 池尾隆 大阪国際会議場 The Future ~WELLNESS~
再生歯科医学・医療の貢献

[10]

2012年 9月1日~2日 第10回日本再生歯科医学会学術大会・総会 吉山昌宏 ニチイ学館 神戸ポートアイランドセンター 再生歯学と再建学の融合

[11][12]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 吉山昌宏「巻頭言」、『日本再生歯科医学会誌』第1巻第1号、日本再生歯科医学会、2003年12月、 ISSN 1348-96152010年3月15日閲覧。
  2. ^ 第1回 日本再生歯科医学会 学術大会および総会”. 日本再生歯科医学会. 2012年9月17日閲覧。
  3. ^ 第2回日本再生歯科医学会学術大会および総会”. 日本再生歯科医学会. 2012年9月17日閲覧。
  4. ^ 第3回日本再生歯科医学会学術大会およびご案内 (PDF)”. 日本再生歯科医学会. 2012年9月17日閲覧。
  5. ^ 第4回 日本再生歯科医学会 学術大会および総会”. 日本再生歯科医学会. 2012年9月17日閲覧。
  6. ^ 第5回日本再生歯科医学会学術大会および総会 (PDF)”. 日本再生歯科医学会. 2012年9月17日閲覧。
  7. ^ 第6回日本再生歯科医学会学術大会・総会 (PDF)”. 日本再生歯科医学会. 2012年9月17日閲覧。
  8. ^ 第7回日本再生歯科医学会大会プログラム(九州歯科大学)”. 日本再生歯科医学会. 2012年9月17日閲覧。
  9. ^ 第8回日本再生歯科医学会学術大会および総会 プログラム”. 日本再生歯科医学会. 2012年9月17日閲覧。
  10. ^ 第9回日本再生歯科医学会学術大会”. 日本再生歯科医学会. 2012年9月17日閲覧。
  11. ^ 第10回日本再生歯科医学会総会・学術大会”. 日本再生歯科医学会. 2012年9月17日閲覧。
  12. ^ 「9~11月の学会案内」、『歯界展望』第120巻第3号、医歯薬出版東京都文京区、2012年9月、 577-581頁、 ISSN 0011-8702

外部リンク[編集]