日本全薬工業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本全薬工業株式会社
Nippon Zenyaku Kogyo Co., Ltd.
種類 株式会社
略称 ZENOAQ
本社所在地 日本の旗 日本
963-0196
福島県郡山市安積町笹川字平ノ上1番地の1
設立 1946年(昭和21年)5月
業種 動物用医薬品
法人番号 5380001006152 ウィキデータを編集
事業内容 動物用医薬品及び医療機器等の研究開発・製造・輸出入・販売、バイオ原薬受託製造
代表者 代表取締役会長 福井邦顕
代表取締役社長 福井寿一
資本金 1億7,000万円
売上高 407億円(2020年度)
従業員数 769名
決算期 3月
主要株主 ゼノアックホールディングス株式会社:100%
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

日本全薬工業株式会社(にっぽんぜんやくこうぎょう)は、動物用医薬品等の製造、開発、輸入、販売をしている会社である。動物用医薬品の分野におけるリーディングカンパニーとして全国展開しており、中国にも関連工場を有する。ZENOAQ(ゼノアック)の愛称で親しまれている。

2021年4月にゼノアックホールディングス株式会社を設立して持株会社制へ移行され、当社は同社の完全子会社となった。

沿革[編集]

  • 1946年5月 - 福島県郡山市に、資本金18万円をもって、旭日薬品工業株式会社として設立。
  • 1949年5月 - 商号を日本全薬工業株式会社に変更。
  • 1958年1月 - 釧路に鉱塩工場を建設、鉱塩の製造開始。
  • 1975年3月 - 現所在地(福島県郡山市安積町笹川字平ノ上1-1)に新本社工場完成、移転製造開始。東京本社新設。
  • 1996年4月 - ローヌ・メリューと合弁新会社設立[ローヌ・メリュー日本全薬株式会社(後のメリアル日本全薬株式会社)]
  • 1996年5月 - 創立50周年。
  • 2001年1月 - メリアル日本全薬株式会社がメリアルジャパン株式会社に吸収合併。新会社へ資本参加。
  • 2001年2月 - 中国での生産拠点、天津全薬動物保健品有限公司を設立。
  • 2001年8月 - 企業ブランド「ZENOAQ(ゼノアック)」を発表。
  • 2005年1月 - 中国に北京代表処を設立。
  • 2009年4月 - 鶏用ワクチンの開発・輸入を行う日本バイオロジカルズ株式会社(NBI)を系列会社化。
  • 2011年3月 - 東日本大震災により本社社屋が被災。
  • 2011年7月 - 東京支社を開設。
  • 2016年1月 - フランスのベトキノールと合弁新会社、ベトキノール・ゼノアック株式会社を設立。
  • 2021年4月 - ゼノアックホールディングス株式会社を設立し、同社の完全子会社となる[1]

注釈[編集]

  1. ^ “ゼノアックグループ 持株会社体制への移行に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 日本全薬工業、ゼノアックリソース(2社連名), (2021年2月16日), http://www.zenoaq.jp/news/74070245da86d2b289db30bcbf52ee596daa1ab7.pdf 2021年5月17日閲覧。 

外部リンク[編集]