日本全国の銘菓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日本全国の銘菓(にほんぜんこくのめいか)は、日本における銘菓の一覧である。

概要[編集]

安土桃山時代に成立した茶道の発展とともに、日本全国各地に茶菓子としての伝統的な銘菓が誕生した。

江戸時代、茶道が上級武士や富裕な商人達の嗜みとして広く発展したため、各地で独特の菓子が作られ、地域の味が次々と登場した。流通の発展していなかった時代において、地方の銘菓はその土地に行かねば手に入らず稀少価値のあるものであった。

明治以降、洋菓子の製法が広まり、洋菓子風の菓子も多数作られた。

昭和17年12月の戦時中の物資統制され菓子の製造が難しくなった時に、京都府が和生菓子特殊銘柄品として18品目選定し保護している。

高度経済成長期を境に観光ブームが起き、各地で観光客目当ての菓子も数多く作られ、広く庶民が菓子を食べるようになり、全国銘菓の種類が激増した。また、それとともに伝統的な「銘菓」が寂れ、いわゆる「お菓子」が大勢を占めるようになる。

以下では、現在日本各地で「銘菓」として認識されているものを列挙した。必ずしも古くからある伝統的「銘菓」だけでなく、近年造られた新しい「銘菓」も多数含まれている。

広範な地域で販売されているもの[編集]

北海道[編集]

石狩地方[編集]

空知地方[編集]

後志地方[編集]

渡島地方[編集]

檜山地方[編集]

胆振地方[編集]

日高地方[編集]

上川地方[編集]

留萌地方[編集]

網走地方[編集]

十勝地方[編集]

釧路地方[編集]

根室地方[編集]

東北[編集]

青森県[編集]

秋田県[編集]

岩手県[編集]

宮城県[編集]

山形県[編集]

福島県[編集]

関東・甲信[編集]

茨城県[編集]

栃木県[編集]

群馬県[編集]

埼玉県[編集]

千葉県[編集]

東京都[編集]

神奈川県[編集]

神奈川県銘菓共励会が毎年指定している。2007年現在、指定銘菓は140を越える。

山梨県[編集]

長野県[編集]

東海[編集]

  • 五平餅 (愛知県奥三河地方・長野県南信濃地方・岐阜県)
  • 鬼饅頭 (愛知県・岐阜県)

岐阜県[編集]

静岡県[編集]

愛知県[編集]

三重県[編集]

  • 蜂蜜まんじゅう津市
  • 野田あられ(津市)
  • とらや本家のいちご大福(津市)
  • ことすが(津市)
  • けいらん(津市)
  • たけやまんじゅう(津市)
  • りんごのチョコレート(津市)

北陸・近畿[編集]

新潟県[編集]

富山県[編集]

石川県[編集]

福井県[編集]

滋賀県[編集]

京都府[編集]

大阪府[編集]

兵庫県[編集]

奈良県[編集]

和歌山県[編集]

中国[編集]

鳥取県[編集]

島根県[編集]

岡山県[編集]

広島県[編集]

山口県[編集]

四国[編集]

徳島県[編集]

香川県[編集]

愛媛県[編集]

高知県[編集]

九州・沖縄[編集]

福岡県[編集]

佐賀県[編集]

長崎県[編集]

熊本県[編集]

大分県[編集]

宮崎県[編集]

鹿児島県[編集]

沖縄県[編集]

日本三大銘菓[編集]

日本三大饅頭[編集]

御用菓子司[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 『沖縄』 JTBパブリッシング〈楽楽―九州〉、2009年、78ページ。ISBN 978-4-533-07349-62009年11月3日閲覧。

関連項目[編集]