日本保釈支援協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般社団法人日本保釈支援協会
団体種類 一般社団法人
設立 2004年4月27日
所在地 〒103-0026
東京都中央区日本橋兜町14-10 兜ビル8階
法人番号 9010005015728 ウィキデータを編集
主要人物 大森 勇一(代表理事
主眼 刑事被告人の基本的人権擁護
活動内容 保釈保証金の立替、刑事手続への一般的助言・相談対応
ウェブサイト www.hosyaku.gr.jp ウィキデータを編集
テンプレートを表示

一般社団法人日本保釈支援協会(いっぱんしゃだんほうじんにほんほしゃくしえんきょうかい)とは、刑事被告人保釈保証金立替を業務とする社団法人である。

概要[編集]

刑事被告人の保釈について、保釈保証金の準備ができない家族への保釈保証金立て替えを主な業務としている。また、刑事事件に関する手続や保釈手続に関する助言、相談対応なども行っている。事務局は東京都中央区のみであるが、刑事事件の担当弁護人の助力を得る事で全国で立て替え業務を行っている。

2010年12月4日、和歌山弁護士会の元会長である楠見宗弘弁護士が日本保釈支援協会の立替金130万円を横領したとして逮捕された[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 47NEWS - 保釈金横領の起訴内容認める 和歌山弁護士会の元会長、2011年2月7日。

外部リンク[編集]