日本丸 (2代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本丸II世
Nihonmaru II 03.JPG
基本情報
船種 練習帆船
船籍 日本の旗 日本
所有者 海技教育機構
運用者 海技教育機構
建造所 住友重機械工業浦賀工場
姉妹船 海王丸 (2代)
信号符字 JFMC
IMO番号 8211502
MMSI番号 431498000
経歴
竣工 1984年
就航 1984年
現況 就航中
要目
総トン数 2570 トン
全長 110.09 m
13.80 m
喫水 6.57 m
機関方式 ディーゼル
主機関 ダイハツディーゼル 6DSMB-28NS 2基
搭載人員 190名
テンプレートを表示

日本丸(にっぽんまる、英語: Nippon Maru)は、海技教育機構が保有する航海練習船。日本を代表する大型帆船である。本項では、1984年昭和59年)に竣工した2代目(日本丸II世)を取り扱う。

概要[編集]

日本丸II世
船首像「藍青」

初代日本丸の後継として、1984年(昭和59年)に日本丸II世が就航した。日本丸II世は帆装艤装設計から製作まで、すべて日本国内で行われた初の大型帆船である。住友重機械工業浦賀工場で建造された。

先代の日本丸に比べて帆走性能が大幅に向上しており、世界でも有数の高速帆船として名をつらねている。その年で最速の帆船に贈られる「ボストン・ティーポットトロフィー」を1986年(昭和61年)、1989年平成元年)、1993年(平成5年)と三回受賞している。

なお、日本丸II世と姉妹船の海王丸II世(1989年(平成元年)就航)を見分けるための大きな違いは、船体横(舷側)の青いラインの数と舳先にある船首像である。青いラインが濃く1本が日本丸II世、薄い青で2本が海王丸II世、日本丸II世の船首像は手を合わせて祈る女性の姿をしており、「藍青(らんじょう)」と名付けられている。海王丸II世の船首像は横笛を吹く女性で、「紺青(こんじょう)」と名付けられている。

設計[編集]

4檣バーク型帆船で、総帆数は36枚(横帆18枚、縦帆18枚)、メインマスト高は43.5 m(船楼甲板からの高さ)に達する。東京港レインボーブリッジは、本船の通航を想定して設計されたと言われている。先代の日本丸はマストが船底まで貫通しているため主機を中心に配置することができなかったが、現在の日本丸のマストは船底まで貫通していない。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]