日本三國

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本三國
ジャンル 架空戦記SF近未来歴史フィクション
軍事政治
漫画
作者 松木いっか
出版社 小学館
掲載サイト マンガワン/裏サンデー
レーベル 裏少年サンデーコミックス
発表期間 2021年11月24日 -
巻数 既刊2巻(2022年7月19日現在)
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

日本三國』(にっぽんさんごく)は松木いっかによる漫画作品。『マンガワン』(小学館)にて、2021年11月24日から連載開始[1]

あらすじ[編集]

令和末期[2]、衰退した日本は世界で起きた核戦争の影響で多くの難民が流入し、そこからCOVID-19を超えるウイルスの猛威や東北大震災を超える大震災、悪政、重税に飢饉の影響で民衆の暴力革命が起き国体は崩壊し、人口は10分の1以下まで減り文明は明治時代初期のレベルまで落ちた上に大和、武凰、聖夷の3つの国に分裂することとなった。そこからおよそ1世紀の時を経た大和歴56年、大和の愛媛郡に生まれ育った三角青輝を軸に日本再統一の物語が幕を開ける。

登場人物[編集]

大和[編集]

三角 青輝(みすみ あおてる)
大和歴41年、大和の愛媛郡[3]で生まれ育った青年。幼くして両親を失い、両親の知人である図書館館長・東町信人の庇護の元で育てられ、図書館で文字と旧文明の知識に地図設計技能を身に付け、若くして愛媛郡の司農官となった。妻である小紀が内務卿・平殿器の指示で処刑された際、その復讐を決意。激昂して感情的に暴力で反撃することを思い留まり、理屈で平を説き伏せ元凶となった税吏を平に処断させたのち、小紀の埋葬を済ませると小紀が生前青輝に残した言葉に従い上阪し、そこで阿佐馬芳経との出会いを経て、農政改革の提議書を以て龍門光英への仕官「登龍門」を果たす。弁が立ち理路整然と人に対するため義父・東町信人には頭かっちかちの屁理屈男と評されていた。趣味はマッピング。髪型は七三分け[4]喫煙者
東町 小紀(ひがしまち さき)
大和歴40年、愛媛郡出身[4]。青輝の幼馴染で年齢は一つ上。感情的な面があり喧嘩っぱやく自重が利かない。青輝と結婚したのち、内務卿・平殿器の巡察があった際、同行していた税吏の横暴な多重徴税行為に反撃したため、税吏の讒訴で翌朝処刑された。享年16歳。生前、青輝の智謀が三つに分かたれた日本の再統一に役立つと青輝に発言し、小紀の死後青輝が大和の辺境将軍・龍門光英に仕官するきっかけとなった。
東町 信人(ひがしまち のぶひと)
青輝の義理の父であり、幼くして両親を失った青輝を引き取り育てた人物。愛媛郡立図書館の館長を務める。青輝と小紀の結婚式から数日後、病で死去。感情で動く小紀のことを最後まで案じていた。
阿佐馬 芳経(あさま よしつね)
大和歴39年、和歌山郡出身。母親に英才教育を受けて育ったがゆえに母親をママと呼び極度のマザコンであり、その母の伝記を書いている[4]。大和建国の功臣かつ名門、阿佐馬家宗家の嫡子。周囲の者たちからは「ツネちゃんさん」と呼ばれている。自身の力で三国時代を終わらせ国民すべてから尊敬を受ける存在になるという上昇志向と承認欲求が強く武技に秀でているが他者を見下し、上位に立とうとするため人前では大和の標準語である関西弁ではなく、東の言語を用いてしゃべり自身がより聡明であるかに見せようとするなどの振舞をしている。青輝とは安宿で邂逅し、ひと悶着の末同道して登龍門に挑み、武力で龍門光英の膝を地に付け登龍門を果たした。青輝の二つ年上。髪型は禿

大和政府[編集]

藤3世(ふじさんせい)
大和歴33年、大阪都生まれ。先帝・藤2世の側室の3男であり、内務卿の平殿器が父である藤2世を毒殺し対抗勢力を駆逐したのち帝に擁立され、4歳にして帝位に就いた。国家元首の地位にあるものの、即位の経緯と皇后の平皇后が平殿器の一女であるため、政権を運営する権力は平殿器が握っているため傀儡に等しい存在[4]
平 殿器(たいら でんき)
大和の内務卿。大和歴5年、大阪都出身[4]。大和建国前からの豪族、平家の人物で大和のである故藤2世、現帝・藤3世の外戚。妹が皇后として嫁いだ藤2世を毒殺したのち、藤3世を擁立して自身の娘を嫁し大和の国政を牛耳り自身が国家であると言い放つ。体躯は肥満であり自身をデブと言われることを最も嫌い、僅かでも嫌な思いをすると関係者を即処断するなど横暴かつ凶悪な独裁者。愛媛郡滞在中に連れていた税吏に反抗した小紀を処断し、青輝が三國統一のために仕官するきっかけを作った人物。
平郡司
愛知郡の郡司。2話に登場。名は不明だが平家の人物。武凰が進軍してきた際、兵に責任転嫁したことを己の統率不足と龍門に指摘され龍門を農民上がりの芋臭いハゲと罵る。
黒柳 幸羽(こくりゅう ゆきはね)
平殿器の衛尉[4]
豊田 鮪(とよた まぐろ)
平殿器の軍師[4]。青輝の妻・小紀が処刑され、青輝がその遺骸を受け取り平殿器を説得し、元凶の税吏に復讐した場にも居合わせた人物。
龍門 光英(りゅうもん みつひで)
大和の辺境将軍。大和歴5年、兵庫郡出身。左目に眼帯をしており、その眼帯の下の目は17歳の折に100名を超えるを仲間数名と討伐した際に射られて失明している。この功績で生野県司に就任し24歳の頃、評判を聞き及んだ大和の先帝・藤2世に召し出され辺境将軍に就任し、数々の戦を勝利に導いた高潔で文武に秀で誰もが尊敬の念を抱く人物[4]。2話で描かれた長篠の戦いにおいても約2万の圧倒的兵数差を不可能と思われた奇襲で武凰の総大将・島田弘政を自身の手で討ち取り勝利した。通天閣にある彼の邸宅で行われる仕官採用試験を果たして仕官が叶うことは「登龍門」と呼ばれている。。
賀来 泰明(かく やすあき)
大和歴27年、大阪都出身。辺境将軍隊の軍師。大阪都の代々貧民の家柄の出であり貧家ゆえに教育を受けられなかったが幼い頃より大人相手に博打に勤しみ、勝った金で家計を潤す傍ら書物を手に入れ勉学に励んだ。21歳のころ龍門の辺境での仕事ぶりに感銘を受け「登龍門」を志し採用された。決して失敗しないと評価され、龍門や属員の信頼も厚い[4]。龍門に付き従い丸眼鏡を装着している。髪型は総髪
長嶺 士遼(ながみね しりょう)
左中将。辺境将軍・龍門光英とは主従の仲[4]
菅生 強(すごう ごう)
右中将。辺境将軍・龍門光英とは主従の仲[4]
加田 道一(かだ どういつ)
軍医令。辺境将軍・龍門光英とは主従の仲[4]

武凰[編集]

島田 弘政(しまだ ひろまさ)
武凰の征西将軍。2話にて1万人余りの兵を率いて大和の愛知郡下吉田へ侵攻。大和の3万人の兵を破り、投降した生き残りの兵を吸収して総勢2万7千人の兵で長篠の新東名高速道路に布陣するも、龍門光英率いる20人の兵の奇襲で討ち取られる。

PV[編集]

2022年7月19日の2巻発売日に作品PVがYouTubeのマンガワン公式チャンネルにて公開された。

書誌情報[編集]

  • 松木いっか 『日本三國』小学館〈裏少年サンデーコミックス〉、既刊2巻(2022年7月19日現在)
    1. 2022年3月10日発行(同日発売[5][6])、ISBN 978-4-09-851030-6
    2. 2022年7月19日発行(同日発売[7])、ISBN 978-4-09-851206-5

登場する用語・設定[編集]

国家[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 松木いっか新連載『日本三國』武器は「弁が立つ」こと? 新たな「国盗り物語」の幕開けた”. Real Sound. 株式会社blueprint (2021年11月25日). 2022年5月11日閲覧。
  2. ^ マンガワン並びに1巻巻末の物語前の年表によると西暦2045年から2055年
  3. ^ 現在の愛媛県、中予から東予
  4. ^ a b c d e f g h i j k l 1巻巻末ならびに2022年1月5日にマンガワンで発表された年表・人物紹介より
  5. ^ 『日本三國 (1)』(松木いっか)”. 裏少年サンデーコミックス. 小学館. 2022年5月11日閲覧。
  6. ^ “文明崩壊後の近未来で日本を再統一、後に“奇才軍師”と呼ばれる青年描く「日本三國」”. コミックナタリー (ナターシャ). (2022年3月10日). https://natalie.mu/comic/news/468921 2022年5月15日閲覧。 
  7. ^ 『日本三國 (2)』(松木いっか)”. 裏少年サンデーコミックス. 小学館. 2022年7月19日閲覧。
  8. ^ a b c 第2話1ページより

外部リンク[編集]