一筆啓上 日本一短い手紙の館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本一短い手紙の館から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 一筆啓上 日本一短い手紙の館
Brief Messages from the Heart Museum
日本一短い手紙の館
日本一短い手紙の館
一筆啓上 日本一短い手紙の館の位置(福井県内)
一筆啓上 日本一短い手紙の館
日本一短い手紙の館の位置
施設情報
正式名称 一筆啓上 日本一短い手紙の館
専門分野 日本一短い手紙
事業主体 福井県坂井市
管理運営 公益財団法人 丸岡文化財団
開館 2015年8月23日
所在地 910-0231
福井県坂井市丸岡町霞町3丁目10番地1
位置 北緯36度9分13.61秒 東経136度16分29.09秒 / 北緯36.1537806度 東経136.2747472度 / 36.1537806; 136.2747472座標: 北緯36度9分13.61秒 東経136度16分29.09秒 / 北緯36.1537806度 東経136.2747472度 / 36.1537806; 136.2747472
外部リンク 日本一短い手紙の館
プロジェクト:GLAM

一筆啓上 日本一短い手紙の館(いっぴつけいじょう にほんいちみじかいてがみのやかた)は、福井県坂井市丸岡町にある日本一短い手紙の資料館。

概要 [編集]

手紙の手本として知られる「一筆啓上 火の用心」から始まる手紙は、「鬼作左」とも呼ばれた本多重次が陣中から妻へ宛てたものである。この文中の「お仙」が越前丸岡藩の初代藩主本多成重であったことから、旧丸岡町職員であった大廻政成の発案[1]で 1993年(平成5年)の「母」への手紙として「一筆啓上賞」の公募を始めた。これらの入選作品はこれまで出版された書籍[2]でしか見ることができなかったが、常設展示するために作られたのがこの資料館である[3]

沿革[編集]

  • 1993年(平成5年)- 「一筆啓上賞」の公募を開始(第1回目応募数 32,236通)
  • 1994年(平成6年)- 財団法人丸岡町文化振興事業団 発足[4]
  • 2013年(平成25年)4月1日 - 公益財団法人丸岡文化財団に名称変更[4]
  • 2013年(平成25年)9月 - 建設地について丸岡城西側の旧医院跡地にする方針を発表したが、かつての内堀に当たることなどから地元の了解を得られず、丸岡城北側にある丸岡文化財団の敷地に変更[5][注 1][注 2]
  • 2014年(平成26年)6月6日 - 丸岡文化財団の敷地内から丸岡城二の丸の石垣が出土したため、丸岡図書館北側の駐車場内に建設地を変更(2度目の変更)[5]
  • 2015年(平成27年)8月23日 - 開館

施設概要[編集]

  • 木造2階建[7]
  • 延床面積 700平方メートル

開館時間[編集]

  • 9:00 - 17:00(入館は16:30まで)

休館日[編集]

  • 年末年始(12月29日から1月3日)
  • 展示替えのための休館日あり

アクセス[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 旧丸岡町時代に出された長期ビジョンの中で、消滅してしまっている内堀・外堀を再び掘り直すことをはじめとする城郭としての丸岡城復元の方針が示されていた[6]
  2. ^ 出典[6]の「2.坂井市 丸岡城 について」にある丸岡城天守閣の復元模型や地図で5角形の内堀の配置がよくわかる。

出典[編集]

  1. ^ 一筆啓上賞発案の大廻政成氏退任 丸岡文化財団常務理事、8月末で”. 福井新聞 (2015年8月19日). 2015年8月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月29日閲覧。
  2. ^ 『日本一短い「母」への手紙―一筆啓上賞』 丸岡町文化振興事業団、2010年
  3. ^ 「一筆啓上 日本一短い手紙の館」パンフレットより
  4. ^ a b 財団概要(法人格移行のお知らせ)”. 公益財団法人 丸岡文化財団. 2015年8月23日閲覧。
  5. ^ a b 福井新聞 2014年6月7日
  6. ^ a b 渡邊照秀 (2015年4月1日). “歴史的建造物を活かした地域づくりについて (PDF)”. 一般財団法人 地域活性化センター. 2015年8月29日閲覧。
  7. ^ 一筆啓上日本一短い手紙の館開館 坂井市丸岡町、手紙文化を発信”. 福井新聞 (2015年8月24日). 2015年8月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月29日閲覧。

関連項目[編集]

  • 本多重次 - 日本一短い手紙の作者
  • 丸岡城 - お仙と呼ばれた本多成重が藩主となった。

外部リンク[編集]