日本プロスポーツ専門学校硬式野球部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本プロスポーツ専門学校硬式野球部
チーム名(通称) 日本プロスポーツ専門学校
加盟団体 日本野球連盟
加盟区分 企業チーム
創部 2004年
チーム名の遍歴

  • 名古屋お茶の水医専学院 (2004 - 2005)
  • 名古屋ウェルネススポーツカレッジ (2006 - 2009)
  • JPスポーツ専門学校 (2009)
  • 日本プロスポーツ専門学校 (2009 - )
本拠地自治体

監督 飯田祥多
都市対抗野球大会
出場回数 なし
社会人野球日本選手権大会
出場回数 なし
全日本クラブ野球選手権大会
出場回数 ※出場資格なし

日本プロスポーツ専門学校硬式野球部(にほんプロスポーツせんもんがっこうこうしきやきゅうぶ)は、岐阜県瑞浪市に本拠地を置き、日本野球連盟に所属する社会人野球の企業チーム。

入部者は高卒だけでなく、大卒、社会人経験者など幅広いのが特徴。

また日本野球機構の下部組織としての集団である。

概要[編集]

2004年名古屋お茶の水医療秘書福祉専門学院を母体とし『名古屋お茶の水医専学院硬式野球部』として創部し、2005年2月16日付けで日本野球連盟に新規登録された[1]。監督には、阪神タイガースなどで2軍監督の経験を持つ石井晶が就任。コーチには西武ライオンズなどに所属していた小川宗直が就任した。

母体が名古屋ウェルネススポーツカレッジに改称したことを受け、2006年2月14日付けでチーム名を『名古屋ウェルネススポーツカレッジ硬式野球部』に改称した[2]

2007年オリックス・バファローズファームのサーパス相手に6-7と惜敗。

2008年東海医療科学専門学校名古屋理容美容専門学校と事業提携。3つの専門学校から名古屋ウェルネススポーツカレッジ硬式野球部に入部が可能となる。

2009年4月23日付けで、『名古屋ウェルネススポーツカレッジ硬式野球部』は解散し、母体を日本プロスポーツ専門学校に変更し、チーム名を『JPスポーツ専門学校硬式野球部』として新たに日本野球連盟に新規登録された[3]。同年9月28日付けで、チーム名を『日本プロスポーツ専門学校硬式野球部』に改称した。

2012年、加盟地方団体所属を愛知県から岐阜県に変更した[4]

主な出身プロ野球選手[編集]

元プロ野球選手の競技者登録[編集]

脚注[編集]

  1. ^ チーム情報 登録・変更情報 2005年”. 日本野球連盟. 2016年6月27日閲覧。
  2. ^ チーム情報 登録・変更情報 2006年”. 日本野球連盟. 2016年6月27日閲覧。
  3. ^ チーム情報 登録・変更情報 2009年”. 日本野球連盟. 2016年6月27日閲覧。
  4. ^ チーム情報 登録・変更情報 2012年”. 日本野球連盟. 2016年6月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]