日本セラミック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本セラミック株式会社
Nippon Ceramic Co., Ltd.
Nicera.jpg
種類 株式会社
市場情報
大証1部(廃止) 6929
2013年7月12日上場廃止
略称 日セラ、Nicera
本社所在地 日本の旗 日本
689-1193
鳥取県鳥取市広岡176-17
北緯35度27分6.7秒
東経134度14分50.9秒
座標: 北緯35度27分6.7秒 東経134度14分50.9秒
設立 1975年6月28日
業種 電気機器
法人番号 2270001000573 ウィキデータを編集
事業内容 セラミックセンサ、フェライト、モジュールなど電子部品およびその関連製品の製造・販売等
代表者 代表取締役社長兼会長 谷口義晴
資本金 102億4,197万円
発行済株式総数 26,312,402株
売上高 単体 144億01百万円
連結 160億89百万円
(2012年12月期)
純資産 単体 369億89百万円
連結 407億91百万円
(2012年12月期)
総資産 単体 404億64百万円
連結 448億40百万円
(2012年12月期)
従業員数 単体 316名、連結 2014名
(2012年12月31日現在)
決算期 12月31日
主要子会社 日セラテック株式会社 100%
日セラマーケティング株式会社 100%
外部リンク https://www.nicera.co.jp/
テンプレートを表示

日本セラミック株式会社(にっぽんセラミック)は、鳥取県鳥取市に本社を置くセラミックスを使用したセンサなどを製造、販売するメーカーである。

概要[編集]

創業当初よりセンサの開発に強みを持つ。創業して間もなく、超音波センサを用いた三洋電機カラーテレビリモコン(通称:ズバコン)を量産し、大ヒット商品となる。さらに、創業から3年後には防犯センサを海外で販売、ゼネラルエレクトリック社等との契約に成功し海外での販路も広げる。

鳥取県に本社を置く企業としては初めての株式上場企業であり、2008年時点ではには赤外線センサが6~7割、超音波センサが5~6割の世界シェアを持つ。

沿革[編集]

  • 1975年6月 - 鳥取県内の電子部品会社に勤務していた谷口義晴(現会長兼社長)が、元部下5人とともに独立、日本セラミック株式会社設立。
  • 1975年11月 - 三洋電機と共同開発したテレビ遠隔操作器具の量産開始。
  • 1978年12月 - 防犯、警備用超音波センサを開発、アメリカ市場との取引開始。
  • 1986年9月 - 中国企業との合弁会社設立(出資比率50%)。
  • 1990年11月 - 大阪証券取引所2部特別指定銘柄上場。
  • 1992年6月 - 大阪証券取引所2部指定替え。
  • 1999年11月 - 広島証券取引所上場。
  • 2000年3月 - 東京証券取引所2部上場。
  • 2000年12月 - 東京証券取引所、大阪証券取引所1部指定替え。

外部リンク[編集]