日本コープ共済生活協同組合連合会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日本コープ共済生活協同組合連合会(にほんコープきょうさいせいかつきょうどうくみあいれんごうかい、略称:コープ共済連)は、日本生活協同組合連合会(日本生協連)と全国161の生活協同組合(生協)が出資し、日本生協連と各生協が行ってきた「CO・OP共済(コープ共済)」の事業を引き継ぐ目的に設立された、共済専門生活協同組合の中央組織。

概要[編集]

日本生協連は1984年に共済事業活動(CO・OP共済《たすけあい》)を開始し、以後、元受会員生協との共同引受を開始したことにより、加入者が年々増加してきた。しかし、2008年4月、連合会と一定の規模以上の生協において、元受共済事業とその他事業等との兼業規制が盛り込まれた「改正消費生活協同組合法」が施行されたことにより、日本生協連が共済事業を行うことができなくなったことから、その生協法改正を機に、日本生協連から共済事業を切り離し、日本生協連とCO・OP共済取扱会員生協との共同で出資し、日本生協連で行ってきた共済事業を引き継ぐ目的に当連合会が発足された。

継承後に取扱・引受を行うCO・OP共済は《たすけあい》と《あいぷらす》2商品となっているが、CO・OP生命共済《新あいあい》並びにCO・OP火災共済についてはコープ共済連に引き継がれず、引き続き全国労働者共済生活協同組合連合会(全労済)が引き受ける。

なお事業継承後も、同共済の手続きについてはこれまで通り、所属の各生協で取り扱うこととなっている。

所在地[編集]

東京都渋谷区千駄ヶ谷4-1-13 コープ共済プラザ

沿革[編集]

  • 1984年 - 日本生協連が共済事業(CO・OP共済「《たすけあい》」)を開始。
  • 1987年 - 一部の生協との元受共済事業を開始。
  • 2000年 - 日本生協連が(CO・OP共済「《あいぷらす》」)の取扱を開始。
  • 2008年10月23日 - 日本生協連と全国161生協等が共同で出資し、日本コープ共済生活協同組合連合会を設立。
  • 2009年3月21日 - CO・OP共済「《たすけあい》」・「《あいぷらす》」等の契約元受団体が、日本生協連からコープ共済連に継承。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]