日本エレベーター協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本エレベータ協会から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

一般社団法人日本エレベーター協会(にほんエレベーターきょうかい、Japan Elevator Association)は、エレベーターエスカレーターをはじめとする昇降機関連の業界団体である。

1947年に16事業者で任意団体として結成された「エレベータ同業組合」が前身。昇降機業界の事業拡大に伴い、建設省(現国土交通省)が所管する社団法人となる。2012年一般社団法人化に際して団体名の「エレベータ」を「エレベータ」に変更した[1]

概要[編集]

  • 団体名 一般社団法人日本エレベーター協会
  • 会長 多田弘之(日本オーチス・エレベータ株式会社 代表取締役人事部長)[2][3]
  • 本部所在地 東京都港区南青山5丁目10番2号 第2九曜ビル[4]

沿革[編集]

  • 1947年昭和22年)- エレベータ同業組合(任意団体)として結成
  • 1949年(昭和24年)- 社団法人エレベータ協会設立
  • 1961年(昭和36年)- 社団法人日本エレベータ協会に改称
  • 2012年平成24年)4月 - 一般社団法人化し、日本エレベーター協会に改称

事業内容[編集]

昇降機に関する法規徹底・対外活動・調査活動
  • 技術資料・会報・機関誌・協会標準集の発行、これらによる関連法規の普及徹底
  • 外国機関との連携や情報交換、諸事項についての業界窓口としての対外活動
  • 昇降機の年間新設と保守台数、地震による被害状況、改修や保守作業時などにおける事故の調査分析
昇降機の利用者に対する周知活動
  • エレベーターの日(後述)を中心とした昇降機利用に関する安全キャンペーンの全国展開
  • 昇降機の安全な利用のための周知活動、リーフレットやステッカーの作成
協会員に対する教育・安全推進活動
  • 閉じ込め救出訓練、昇降機の基本構造・歴史・法規などの教育講座の実施
  • 会員会社における災害防止のための現場安全教育テキストの活用
その他
  • 法律・経済問題の中から選ばれたタイムリーなテーマや労働安全衛生に関する講演会の実施
  • 法規、技術、市場動向等の調査、関係諸機関からの情報や資料の入手

[5]

エレベーターの日[編集]

11月10日を「エレベーターの日」として、安全キャンペーンを行っている。これは本協会が1979年に凌雲閣でのエレベーター公開日(1890年11月10日)にちなんで設定したものである。

脚注[編集]

  1. ^ 協会のあゆみのご案内”. 一般社団法人 日本エレベーター協会. 2018年7月15日閲覧。
  2. ^ 協会役員名簿のご案内”. 一般社団法人 日本エレベーター協会. 2018年11月2日閲覧。
  3. ^ 就任のご挨拶”. 一般社団法人 日本エレベーター協会. 2018年11月2日閲覧。
  4. ^ 所在地のご案内”. 一般社団法人 日本エレベーター協会. 2018年2月8日閲覧。
  5. ^ 協会の事業内容のご案内”. 一般社団法人 日本エレベーター協会. 2018年7月15日閲覧。

外部リンク[編集]