日本エネルギー経済研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般財団法人日本エネルギー経済研究所
団体種類 一般財団法人
設立 2012年4月1日
所在地 東京都中央区勝どき一丁目13番1号
イヌイビル・カチドキ10階・11階
起源

日本エネルギー経済研究所

財団法人日本エネルギー経済研究所
財団法人日本中東経済研究所
主要人物 豊田正和(代表理事理事長)
大谷豪(代表理事専務理事)
従業員数 207名(2015年3月31日)
ウェブサイト http://eneken.ieej.or.jp/
テンプレートを表示

一般財団法人日本エネルギー経済研究所(いっぱんざいだんほうじん にほんエネルギーけいざいけんきゅうしょ、The Institute of Energy Economics, Japan)は、 エネルギーと環境、および中東の政治経済に関する研究・調査などを行う日本の研究所である。1966年設立。元資源エネルギー庁所管の財団法人で、2005年4月1日付で財団法人中東経済研究所と合併。公益法人制度改革により、2012年4月1日に一般財団法人に改組。

政策提言能力の評価は国際的にも非常に高く、米国ペンシルバニア大学による世界シンクタンクランキング(2015年版)では「エネルギー・資源政策」部門の世界第1位にランクされた[1]。2008年の調査開始以来、研究分野ごとの世界ランキングの中で、欧米以外の研究機関がトップになったのは初めてである。

概要[編集]

事業[編集]

組織[編集]

  • 評議員
  • 理事長(代表理事最高経営責任者
  • 専務理事(代表理事、最高執行責任者
    • 研究所本部(1966年創立)
      • 企画事業ユニット
        • 担任専務理事
      • 戦略・研究ユニット
        • 担任常務理事
      • 化石エネルギー・電力ユニット
        • 担任理事
      • 新エネルギー・国際協力支援ユニット
        • 担任理事
      • 計量分析ユニット(1984年エネルギー計量分析センター創立、2004年改組)
        • 担任理事
      • 地球環境ユニット
        • 担任常務理事
      • 中東研究センター(1974年財団法人中東経済研究所創立、2005年4月1日付合併)
        • センター長(常務理事)
    • 附置機関
      • 石油情報センター(1981年創立)
        • 事務局長
      • アジア太平洋エネルギー研究センター(APERC)(1996年創立)
        • 所長(常務理事)
      • クリーンエネルギー認証センター(GECC)(2008年創立)

人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Think Tanks and Civil Societies Program, University of Pennsylvania (2016年1月29日). “2015 Global Go To Think Tank Index Report (PDF)” (英語). p. 83, Table 17. 2016年2月2日閲覧。

外部リンク[編集]