日本アイソトープ協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本アイソトープ協会
団体種類 公益社団法人
設立 1951年5月1日
所在地 日本の旗 日本東京都文京区本駒込2-28-45
北緯35度43分51秒東経139度44分54秒座標: 北緯35度43分51秒 東経139度44分54秒
法人番号 7010005018674
主要人物 会長(代表理事) 有馬朗人 
創立者 仁科芳雄茅誠司武見太郎
活動地域 日本の旗 日本
活動内容 アイソトープの安定供給、廃棄物の集荷、処理、保管体制の確立
従業員数 119人(2019年4月現在)
会員数 2,643(2019年4月現在)
ウェブサイト https://www.jrias.or.jp/
テンプレートを表示

公益社団法人日本アイソトープ協会(こうえきしゃだんほうじんにほんアイソトープきょうかい、英文名 Japan Radioisotope Association ; JRIA)は、放射性同位元素(ラジオアイソトープ;RI)の利用に関する技術の向上および普及を図ることを目的に、1951年に発足した使用者、研究者の団体。元々理化学研究所仁科研究室が行っていた業務を移管した経緯もあり、所在地は和光に移転する前の駒込の旧理化学研究所23号館である。

沿革[編集]

  • 1951年5月1日 - 任意団体「日本放射性同位元素協会」として創立。同年、第1回放射性同位元素講習会開催、アイソトープの輸入・頒布開始。
  • 1953年 - 医療用大量線源輸入開始
  • 1954年5月1日 - 社団法人に改組
  • 1960年 - 放射性医薬品の頒布開始、アイソトープ廃棄物の集荷開始
  • 1971年8月1日 - 「日本アイソトープ協会」に改称
  • 1983年 - 放射線照射施設「甲賀研究所」完成
  • 1987年 - 医療アイソトープ廃棄物処理施設「茅記念滝沢研究所」完成
  • 1989年 - 展示施設「武見記念館」完成
  • 1990年 - ポジトロン核医学、PIXE分析施設「仁科記念サイクロトロンセンター」完成
  • 2009年6月1日 - 甲賀研究所の全事業(放射線照射およびその研究、微生物試験、微生物に関する研修および研究)を株式会社コーガアイソトープに譲渡[1]
  • 2012年4月1日 - 公益社団法人に移行[2][3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]