日本の悲劇 (1946年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の悲劇 自由の声
AJapaneseTragedy.jpg
監督 亀井文夫
製作 岩崎昶
ナレーター 丸山章治
出演者 昭和天皇
東条英機
編集 亀井文夫
吉見泰
配給 日本映画社
公開 1946年
上映時間 39分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

日本の悲劇 自由の声』(にっぽんのひげき じゆうのこえ)は、日本映画社1946年に製作したドキュメンタリー映画である。

概要[編集]

モンタージュ理論の本場のソ連のレニングラード映画技術専門学校で学んだ亀井文夫らしく、戦争遂行の目的で製作された既存のニュースフィルムをモンタージュ(再編集)して、過去の歴史を批判的に叙述した。ラストに軍服姿の昭和天皇が背広姿へとオーバーラップして変わっていくシーンを挿入した。解説(ナレーション)を丸山章治が担当した。

GHQの検閲を一旦通過して公開された後、吉田茂首相の圧力により、再検閲の結果、公開後1週間で[1] フィルムは没収、上映禁止となる[2][3]。現在ではDVD化されている。当時のニュース・短編専門館の支配人だった人物によれば、民間情報教育局(CIE)と民間検閲支隊(CCD)の「派閥抗争」があったとされる[4]

出典[編集]

  1. ^ NHKアーカイブス保存番組「ETV特集 日本の悲劇〜昭和21年・没収された記録映画〜」放送日1994年4月27日
  2. ^ 亀井文夫 略歴 日本ドキュメントフィルム
  3. ^ 作家の宮本百合子は、「思想と科学」(臨時増刊号1949年1月)掲載の『今日の日本の文化問題』で、本作について「これは一つの新しい方法で戦争中のニュース映画をモンタージュしたものであった」と評価し、「興業者たちはそのフィルムを買うことを拒絶した」「こういう拒絶を可能にさせる一つの圧力があった」と書いている。
  4. ^ ショートフィルム再考−映画館の外の映像メディア史から 吉原順平 III 占領下の民主化と短編映像——文化映画から新しい教育映画へ(承前)2 戦後短編映画業界の形成——経験者たちと新しいプレーヤーの出会い 「『日本の悲劇』の上映禁止と没収」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]