日本における被死刑執行者の一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日本における被死刑執行者の一覧(にほんにおけるひしけいしっこうしゃのいちらん)では、日本刑事裁判死刑判決が言い渡され、死刑が後に執行された死刑囚の執行順による一覧である。過去に執行日が「不明」という事例も少なくない。なお、ここでは日本の司法裁判所で死刑が確定した事件のみであり、大日本帝国陸軍及び大日本帝国海軍軍法会議戦後極東国際軍事裁判等の国際軍事裁判で確定した死刑囚は一切含まれていない。

また、1980年までは法務省から死刑執行が公表(実際には最近まで公式発表されていなかった)されなかったため、確実なものしか表に記載されていない。また明治維新後、1964年1969年1990年から1992年2011年については日本では死刑執行は行われていない。

大日本帝国憲法下の事件[編集]

1889年公布された大日本帝国憲法の元で死刑が執行された者の一覧。確実な資料があるもののみをリストアップしている。なお、死刑確定日は文献等に記載されている日付であり、正式なものであるか否かは判らない場合があることを留意されたし。

1890年代
事件名(仮名または氏名) 事件発生日 死刑確定日 執行日 備考
1899年執行
山陽鉄道列車強盗殺人事件(岩永元吉) 1898年12月2日 1899年5月3日 1899年10月30日 夜行列車内で発生し,軍人が被害者になった事件。
控訴審確定。
山陽鉄道列車強盗殺人事件(中島多次郎) 1898年12月2日 1899年5月3日 1899年10月30日 上記共犯。一審は無期判決だった。
1900年代
事件名(仮名または氏名) 事件発生日 死刑確定日 執行日 備考
1908年執行
野口男三郎事件(野口男三郎) 1905年5月14日 1907年10月10日 1908年7月2日 3件の殺人と1件の文書偽造で起訴。うち薬店店主殺害事件と卒業証書偽造で有罪となる。上告審確定。
1909年執行
東京都小石川区紬屋殺し事件(大久保時三郎) 1905年11月8日 1906年11月17日 1909年4月23日[1] 紬屋1人を誘い出し殺害。そして紬屋仲間1人を偽の書状で誘い出しこれも殺害。反物を質に入れ400円を得る。さらに2人に借金をしたが返済がないと嘘を言い、家人をだまし現金を得ようとした。共犯の妻は無期徒刑となった。また、別件で詐欺もしている。[2]
1910年代
事件名(仮名または氏名) 事件発生日 死刑確定日 執行日 備考
1911年執行
幸徳事件幸徳秋水管野スガ森近運平宮下太吉新村忠雄古河力作奥宮健之大石誠之助成石平四郎松尾卯一太新美卯一郎内山愚童ら12人) 1910年 1911年1月18日 1911年1月24日・25日 明治天皇に対する大逆罪(暗殺予備)で24人に死刑判決がくだるが、後に12人が恩赦減刑。大逆罪は大審院(現在の最高裁)による1審制であった。
1916年執行
大米龍雲連続殺人事件(大米龍雲) 1905年-1915年 1916年5月22日 1916年6月26日 「殺尼魔」と呼ばれた連続強盗強姦犯。
1917年執行
一家四人死刑事件(H) 1914年12月30日 1916年7月8日 1917年12月8日 一家の父親が殺された事件について、一審では被害者の姑と妻、2人の息子の4人全員が死刑判決を受けた。控訴審では長男の単独犯行とされ、他の3人は無罪となった。しかし死刑を維持された長男は、犯行は外部犯によるものとして、処刑の瞬間まで冤罪を訴え続けた[3]
1918年執行
鈴ヶ森おはる殺し事件(石井藤吉) 1915年4月30日 1917年3月30日 1918年8月17日 自分の犯した殺人について、第三者が罪に問われたことに義憤を憶え、自らが真犯人であると名乗り出たが、一審は証拠不十分により無罪判決だった。別件の殺人事件についても死刑判決を受けている。
事件名(仮名または氏名) 事件発生日 一審判決 二審判決 最高裁判決 執行日 備考
1920年代
鈴弁殺し事件(Y) 1919年5月31日 1919年12月2日 1920年5月28日 1921年3月10日 1921年4月2日 金銭目的の農商務省外米管理部の技師が主犯の犯罪。主犯は死刑になり共犯2人も有罪になった。
虎ノ門事件難波大助 1923年12月27日 なし なし 1924年11月13日 1924年11月15日 摂政宮裕仁親王(後の昭和天皇)に対する暗殺未遂(大逆罪)で死刑。
1930年代
桜田門事件李奉昌 1932年1月8日 なし なし 1932年9月30日 1932年10月10日 昭和天皇に対する暗殺未遂(大逆罪)で死刑。
大岡山殺人事件(G) 1925年9月6日 1931年4月20日 控訴せず - 1933年3月7日 下記Tと共同で一家3人を殺害し、さらに3年後にもTとともに夫婦を殺害した。この間に大岡山事件の犯人として起訴されていた男性は、裁判中に獄死している[4]
大岡山殺人事件(T) 1925年9月6日 1931年4月20日 1931年9月26日 1932年4月5日 1933年3月7日 上記Gの共犯。
十三釣堀屋事件(F) 1931年3月1日 不明 1932年7月5日 1933年3月8日 1934年6月28日 愛人と共謀して夫を殺害した被告人について死刑。愛人は無期懲役[5]
松山城放火事件(F) 1932年-1936年 1937年11月12日 不明 行われず 1939年9月15日 放火45件、窃盗8件、列車妨害1件で死刑。
1940年代
浜松連続殺人事件(木村幸作) 1941年-1942年 不明 不明 不明 不明 犯行時18歳。被告人は聾唖者であったが弁別能力があったため刑の減免(刑法旧40条)を受けず死刑となった。
ゾルゲ事件リヒャルト・ゾルゲ尾崎秀実 1941年-1942年 1943年9月29日 不明 1944年4月5日 1944年11月7日

日本国憲法下の事件[編集]

1946年に公布された日本国憲法の元で死刑が執行された者の一覧。確実な資料があるもののみをリストアップしている。なお、死刑確定日は文献等に記載されている日付であり、正式なものであるか否かは判らない場合があることを留意されたし。

1940年代後半[編集]

1948年7月~1951年3月に46人執行[6]
事件名(仮名または氏名) 事件発生日 一審判決 二審判決 最高裁判決 執行日 備考
小平事件(小平義雄) 1944年-1946年 1947年6月18日 1948年2月28日 1948年11月16日 1949年10月5日 8人(10人説もあり)の女性を殺害。執行は仙台で行われた
死刑制度合憲判決事件(A) 1946年9月16日 不明 不明 1948年3月12日 不明 無職男による母妹の殺害事件。父親のみ残された。

1950年代[編集]

事件名(仮名または氏名) 事件発生日 一審判決 二審判決 最高裁判決 執行日 備考
1953年
矢野村強盗殺人事件(F) 1947年5月23日 1947年11月14日 1948年7月20日 1951年2月2日[註 1] 1953年2月20日 兄弟で犯した強盗殺人について、死刑判決を受けた弟は、主犯は兄であると主張していた。その兄も、主犯は自分であり弟は殺害行為に関わっていない、と主張したが、弟の再審請求は容れられなかった。
1955年(32人執行)
栃木雑貨商一家殺害事件(K) 1953年3月17日 1953年11月25日 1954年9月29日 1955年6月28日 1955年11月22日 死刑判決の上訴中に脱獄した過去があり、死刑確定後5か月で執行された。
1957年(39人執行)
文京区小2女児殺害事件(S) 1954年4月19日 1955年4月15日 不明 1956年10月25日 1957年6月22日 ヒロポン中毒者による学校内での犯行。
執行年月日不明
銀座弁護士妻子殺人事件(B) 1956年1月18日 1956年11月20日 控訴せず - 不明 死刑廃止論者の妻子が殺害されても、なお死刑廃止論の立場を変えなかった事件。
品川トランク詰殺人事件(N) 1956年6月28日 1957年6月18日 1959年9月18日 上告せず 不明 犯行後、愛人と逃避行していたことが話題に。
昭島・昭和郷アパート放火事件 (I) 1957年10月27日 1959年7月6日 1960年10月26日 1961年7月31日 不明 一審は無期懲役。火災保険目的で放火し8人死亡。裁判では殺意はなかったとして殺人罪は適用されなかったが、現住建造物等放火罪と詐欺罪で死刑が言い渡された。戦後殺人罪が適用されず死刑が確定した唯一の例。

1960年代[編集]

1964年及び1969年には死刑執行は行われていない。

事件名(仮名または氏名) 事件発生日 一審判決 二審判決 最高裁判決 執行日 備考
1960年(39人執行)
梅田事件(H) 1950年 不明 不明 1957年11月17日 1960年8月31日 事件に関係のない第三者を共犯に巻き込んだ冤罪事件。
1962年(26人執行)
藤本事件(藤本松夫) 1952年7月6日 1953年8月26日 1954年12月13日 1957年8月23日 1962年9月14日 被疑者ハンセン病患者であったこの事件は、さまざまな運動を惹起した。
小松川事件(李珍宇) 1958年 1959年2月27日 1959年12月28日 1961年8月17日 1962年11月26日 犯行時18歳。被害者2人。
熊本饅頭屋夫妻殺人事件(M) 1956年1月12日 1959年4月7日 1959年7月11日 1960年12月16日 1962年12月21日 上告審口頭弁論で被告人側弁護人が「死刑が相当」と主張したことが弁護放棄であると問題に。
1963年(12人執行)
神戸洋服商殺人事件(S) 1951年1月17日 1951年12月19日 1955年2月19日 1955年12月16日 1963年7月17日 死刑判決確定後、処刑まで獄中訴訟を連発したことで有名。
1969年(18人執行)
バー・メッカ殺人事件正田昭 1953年7月27日 1956年12月15日 1960年12月21日 1963年1月25日 1969年12月9日 アプレゲール犯罪の代表格のひとつとされている。

1970年代[編集]

事件名(仮名または氏名) 事件発生日 一審判決 二審判決 最高裁判決 執行日 備考
1970年(26人執行)
ホテル日本閣殺人事件(K) 1961年2月19日 不明 不明 1966年7月14日 1970年6月11日 戦後初の女性死刑囚執行。
四国連続強盗殺人事件(A) 1963年10月 不明 不明 1966年3月31日 1970年10月29日 短期間に6人を殺害。
西口彰事件(西口彰) 1963年-1964年 不明 不明 1966年 1970年12月11日 5人を殺害。
女性連続毒殺魔事件(S) 1960年 不明 不明 1966年7月14日 1970年9月19日 戦後女性死刑囚執行第2号。
1971年(17人執行)
吉展ちゃん誘拐殺人事件(小原保) 1963年3月31日 1966年3月17日 1966年11月29日 1967年10月13日 1971年12月23日 初めて報道協定が結ばれた事件。
雅樹ちゃん誘拐殺人事件(本山茂久) 1960年5月16日 1961年3月31日 1966年8月26日 1967年5月25日 1971年 誘拐直後にガス中毒死させた事件。戦後初の誘拐殺人事件の死刑判決。
1972年(7人執行)
少年ライフル魔事件(K) 1965年7月29日 1968年6月16日 1968年 1969年10月2日 1972年7月21日 銃乱射事件。一審は無期懲役。犯行時18歳、犠牲者は警官1人。
1974年(4人執行)
日光中宮祠事件(A・B) 1946年5月4日 1957年7月22日 1959年1月28日 1960年6月10日 1974年6月6日 強盗放火殺人事件を一家無理心中とした捜査機関の誤認により殺人事件と立件されたのは事件から9年後のことであった。
1975年(17人執行)
警察庁広域重要指定107号事件(純多摩良樹) 1965年7月29日 1969年3月20日 1970年8月11日 1971年4月22日 1975年1月25日 時限爆弾による鉄道テロ。犠牲者1人、処刑20年後に純多摩良樹の筆名で俳句集が出版された。
福岡事件(N) 1947年5月20日 1948年2月27日 不明 1956年4月 1975年6月17日 被害者が中華民国国籍者であることを配慮するあまり捜査機関および司法機関が事実認定を見誤ったとして、「主犯」とされたNは冤罪とする主張があったが処刑された。
1976年(12人執行)
大久保清連続殺人事件(大久保清 1971年 1973年2月22日 控訴せず - 1976年1月22日 短期間に8人を殺害。
1979年(1人執行)
正寿ちゃん誘拐殺人事件(K) 1969年9月10日 1972年 不明 1978年1月 1979年10月 身代金目的の誘拐殺人事件。犯行時19歳。

1980年代[編集]

事件名(仮名または氏名) 事件発生日 一審判決 二審判決 最高裁判決 執行日 備考
藤沢女子高生殺害事件(S) 1967年1月13日 1969年3月18日 1971年11月8日 1972年7月18日 1982年11月25日 下校途中の女子高生を暴行して殺害。死刑執行時に執行を拒絶して暴れた。
警察庁広域重要指定105号事件(古谷惣吉) 1965年 1971年4月 1975年12月 1978年11月 1985年5月31日 1か月に8人を殺害。1951年にも2人を殺害したが、その事件の共犯が「単独犯」として死刑確定、刑死したため、死刑執行後に逮捕された古谷は相手に罪責を擦り付けて懲役10年の微罪になった。そのため共犯全員が裁判確定または死亡するまで死刑執行は行われなくなった。1982年に同房の死刑囚に対する殺人未遂を起こしたが、相手が死刑囚であったため刑事訴追されなかった[註 2]
上野消火器商一家殺人事件(T) 1974年2月7日 - - 1979年12月25日 1986年5月20日 消火器商の男性に父親の得意先を横取りされたとの恨みを晴らすために、一家虐殺したと供述。
上野消火器商一家殺人事件(K) 1974年2月7日 - - 1979年12月25日 1986年5月20日 Aの共犯、一家殺害後Aとともに被害者の財産を物色。

1990年代[編集]

1990年から1992年までの3年間は、いわゆる死刑執行モラトリアムであり、死刑執行はなかった。

事件名[註 3](仮名もしくは本名[註 4] 年齢 判決年月日 事件発生日 確定後期間 確定裁判所 拘置所 執行日
1993年(7人執行)
福島連続保険金殺人事件(K) 55 1980年4月25日 1970年-1971年 12年11か月 最高裁 仙台 3月26日
愛媛・松前連続保険金殺人事件(T) 62 1981年6月26日 1971年-1972年 11年9か月 最高裁 大阪 3月26日
近畿連続強盗殺人事件(K) 48 1984年9月13日 1975年-1977年 8年6か月 最高裁 大阪 3月26日
釧路一家殺人事件(K) 61 1981年3月19日 1974年8月7日 12年8か月 最高裁 札幌 11月26日
世田谷女性強盗殺人事件(S) 47 1982年9月1日 1977年12月3日 11年2か月 東京高裁(上告せず) 東京 11月26日
大阪電解事件(A) 70 1984年4月27日 1974年 9年7か月 最高裁 大阪 11月26日
大阪電解事件(B) 56 1984年4月27日 1974年 9年7か月 最高裁 大阪 11月26日
1994年(2人執行)
群馬3女性殺人事件(A) 44 1985年4月26日 1977年4月16日 9年8か月 最高裁 東京 12月1日
青森旅館連続女性殺人事件(S) 65 1985年7月1日 1984年9月9日 9年5か月 青森地裁(控訴取下げ) 仙台 12月1日
1995年(6人執行)
徳島連続老人殺人事件(F) 40 1983年4月14日 1978年11月、12月 12年1か月 徳島地裁(控訴せず) 大阪 5月26日
裕士ちゃん誘拐殺人事件(S) 53 1987年1月19日 1986年5月9日 8年4か月 東京地裁(控訴取下げ) 東京 5月26日
東村山署警察官殺人事件(T) 69 1987年10月23日 1976年10月18日 7年7か月 最高裁 東京 5月26日
名古屋女子大生誘拐殺人事件(K) 45 1987年7月9日 1980年12月2日 8年5か月 最高裁 名古屋 12月21日
熊本連続強盗殺人事件(H) 63 1987年12月18日 1979年3月-5月 8年0か月 最高裁 福岡 12月21日
群馬連続女性農夫殺人事件(S) 68 1988年5月20日 1981年、1982年 7年7か月 最高裁 東京 12月21日
1996年(6人執行)
福岡病院長殺人事件(A) 49 1988年4月15日 1979年11月4日 8年3か月 最高裁 福岡 7月11日
福岡病院長殺人事件(B) 43 1988年4月15日 1979年11月4日 8年3か月 最高裁 福岡 7月11日
神田ビル放火殺人事件(I) 48 1988年7月1日 1981年7月6日 8年0か月 最高裁 東京 7月11日
元昭和石油重役一家殺人事件(I) 55 1988年10月24日 1983年1月29日 8年2か月 東京高裁(上告取下げ[7][註 5] 東京 12月20日
東京港区・銀座連続強盗殺人事件(H) 60 1988年10月22日 1978年5月-6月 8年2か月 東京高裁(上告取下げ[註 5] 東京 12月20日
東京港区・銀座連続強盗殺人事件(N) 51 1990年2月1日 1978年5月-6月 6年10か月 最高裁 東京 12月20日
1997年(4人執行)
夕張保険金殺人事件(H) 54 1987年3月 1984年5月5日 9年10か月 札幌地裁(控訴取下げ[9][註 5] 札幌 8月1日
夕張保険金殺人事件(H) 51 1987年3月 1984年5月5日 8年2か月 札幌地裁(控訴取下げ[9][註 5] 札幌 8月1日
警察庁広域重要指定108号事件永山則夫 48 1990年4月17日 1968年10月-11月 7年4か月 最高裁 東京 8月1日
埼玉父親等3人殺人事件(K) 43 1989年11月20日 1985年3月8日 7年9か月 最高裁 東京 8月1日
1998年(6人執行)
長崎3人殺人事件(M) 54 1990年4月27日 1978年3月21日 8年2か月 最高裁 福岡 6月25日
福岡県直方市強盗殺人事件(T) 66 1990年12月14日 1980年4月23日 7年6か月 最高裁 福岡 6月25日
パチンコ景品商殺人事件(S) 66 1991年2月5日 1983年1月16日 7年4か月 最高裁 東京 6月25日
泰州くん誘拐殺人事件(T) 59 1991年6月11日 1984年2月13日 7年5か月 最高裁 広島 11月19日
日建土木事件(N) 61 1989年3月28日 1977年1月7日 9年8か月 最高裁 名古屋 11月19日
名古屋保険金殺人事件(I) 55 1987年3月31日 1979年11月-1983年12月 11年8か月 名古屋高裁(上告せず) 名古屋 11月19日
1999年(5人執行)
東京都北区幼女殺害事件(S) 62 1992年2月18日 1979年7月28日 7年7か月 最高裁 東京 9月10日
福島女性飲食店経営者殺人事件(T) 61 1992年6月18日 1990年5月2日 7年3か月 福島地裁(控訴せず) 仙台 9月10日
熊本母娘殺人事件(M) 69 1992年9月24日 1985年7月24日 7年0か月 最高裁 福岡 9月10日
長崎雨宿り殺人事件(O) 62 1981年6月16日 1977年9月24日 18年6か月 最高裁 福岡 12月17日
大宮母子殺人事件(S) 48 1991年11月29日 1981年4月4日 8年1か月 最高裁 東京 12月17日

2000年代[編集]

以下の一覧は2000年から2009年までに死刑が執行された元死刑囚の一覧である。

事件名[註 3](仮名もしくは本名[註 4] 年齢 判決年月日 事件発生日 確定後期間 確定裁判所 拘置所 執行日 法務大臣
2000年(3人執行)
勝田清孝事件(藤原清孝) 52 1994年1月17日 1972年9月-1982年10月 6年10か月 最高裁 名古屋 11月30日 保岡興治
岐阜前妻一家殺人事件(M) 57 1994年3月18日 1989年2月14日 6年8か月 名古屋高裁(上告取下げ) 名古屋 11月30日 保岡興治
佐賀隣人一家殺人事件(O) 55 1995年4月21日 1983年5月16日 5年7か月 最高裁 福岡 11月30日 保岡興治
2001年(2人執行)
練馬一家5人殺害事件(A) 66 1996年11月24日 1983年6月28日 5年1か月 最高裁 東京 12月27日 森山眞弓
名古屋保険金殺人事件 (H) 51 1993年9月21日 1979年11月-1983年12月 8年3か月 最高裁 名古屋 12月27日 森山眞弓
2002年(2人執行)
熊本大学生誘拐殺人事件(H) 36 1998年4月23日 1987年9月 4年5か月 最高裁 福岡 9月18日 森山眞弓
坂祝町一家3人殺人事件(H) 51 1998年6月3日 1994年6月 4年3か月 岐阜地裁(控訴取下げ) 名古屋 9月18日 森山眞弓
2003年(1人執行)
姬路母子3人殺人事件等(M) 42 1996年12月17日 1985年11月29日・12月3日 6年9か月 最高裁 大阪 9月12日 森山眞弓
2004年(2人執行)
附属池田小事件(吉岡守) 40 2003年9月26日 2001年6月8日 1年0か月 大阪地裁(控訴取下げ) 大阪 9月14日 野沢太三
熊本・菊池市保険金殺人事件(S) 59 1999年3月9日 1988年3月 5年6か月 最高裁 福岡 9月14日 野沢太三
2005年(1人執行)
千葉・高知連続強盜殺人事件(K) 58 2000年2月4日 1983年8月・1989年2月 5年7か月 最高裁 大阪 9月16日 南野知恵子
2006年(4人執行)
秋山兄弟事件(A) 77 1987年7月17日 1975年8月25日 19年5か月 最高裁 東京 12月25日 長勢甚遠
今市覚醒剤殺人事件(F) 75 1993年9月9日 1981年3月29日 13年3か月 最高裁 東京 12月25日 長勢甚遠
広島タクシー運転手連続殺人事件(H) 44 2000年2月9日 1996年4月-9月 6年10か月 広島地裁(控訴せず) 広島 12月25日 長勢甚遠
高知3連続殺人事件(F) 64 1999年6月25日 1978年・1980年・1981年 7年6か月 最高裁 大阪 12月25日 長勢甚遠
2007年(9人執行)
赤穂同僚妻子殺人事件(N) 56 1992年9月29日 1983年1月19日 14年7か月 最高裁 大阪 4月27日 長勢甚遠
福岡・赤池町保険金殺人事件(O) 59 2000年3月30日 1990年12月25日-26日 7年1か月 福岡地裁(控訴取下げ) 福岡 4月27日 長勢甚遠
4都県連続4人殺害事件(T) 42 2000年9月8日 1984年・1988年・1989年・1991年 6年7か月 最高裁 東京 4月27日 長勢甚遠
今市連続殺人事件(T) 69 2000年12月11日 1990年9月、1993年7月 6年8か月 東京高裁(上告せず) 東京 8月23日 長勢甚遠
富山社長夫婦射殺事件(S) 60 2001年1月30日 1991年5月7日 6年7か月 最高裁 名古屋 8月23日 長勢甚遠
東京連続強盗殺人事件(I) 63 2001年2月5日 1996年6月10日、1999年7月8日 6年6か月 東京地裁(控訴取下げ) 東京 8月23日 長勢甚遠
徳島隣人3人射殺事件(I) 74 1996年3月4日 1986年6月3日 11年9か月 最高裁 大阪 12月7日 鳩山邦夫
江戸川老母子強盗殺人事件(F) 42 2003年1月5日 1999年4月19日 4年11か月 東京高裁(上告取下げ) 東京 12月7日 鳩山邦夫
警察庁広域重要指定112号事件(F) 47 2004年6月15日 1981年10月-1982年6月 3年6か月 最高裁 東京 12月7日 鳩山邦夫
2008年(15人執行)
徳島・愛知主婦連続強盗殺人事件(M) 63 1997年4月28日 1988年4月-6月 10年10か月 最高裁 大阪 2月1日 鳩山邦夫
徳之島兄家族殺傷事件(N) 37 2004年8月26日 2002年8月16日 3年6か月 鹿児島地裁(控訴取下げ) 福岡 2月1日 鳩山邦夫
JT女性社員逆恨み殺人事件(M) 65 2004年10月13日 1997年4月18日 3年4か月 最高裁 東京 2月1日 鳩山邦夫
大阪宝石商夫婦強盗殺人事件(N) 64 1997年1月28日 1982年5月20日 11年3か月 最高裁 大阪 4月10日 鳩山邦夫
滋賀元同僚強盗殺害事件(N) 61 2004年9月9日 1989年10月-12月 3年7か月 最高裁 大阪 4月10日 鳩山邦夫
群馬女子高生誘拐殺人事件(S) 41 2004年10月29日 2002年7月19日 3年6か月 東京高裁(上告せず) 東京 4月10日 鳩山邦夫
杉並資産家老女ら2人殺人事件(A) 61 2005年3月3日 1989年10月 3年1か月 最高裁 東京 4月10日 鳩山邦夫
警察庁広域重要指定117号事件宮崎勤 45 2006年1月17日 1988年8月-1989年7月 2年5か月 最高裁 東京 6月17日 鳩山邦夫
東京風俗店連続殺人事件(M) 37 2005年10月17日 1995年12月 2年8か月 最高裁 東京 6月17日 鳩山邦夫
仙台・香川連続保険金殺人事件(Y) 73 2005年1月25日 1985年11月・1990年3月 3年5か月 最高裁 大阪 6月17日 鳩山邦夫
神戸市夫婦強盗殺人事件(Y) 68 2006年4月4日 2004年7月 2年5か月 神戸地裁(控訴取下げ) 大阪 9月11日 保岡興治
大阪地下鉄短大生強盗殺人事件(M) 68 2001年12月6日 1988年1月15日 6年9か月 最高裁 大阪 9月11日 保岡興治
市貝町牧場夫婦強盗殺人放火事件(H) 61 2006年9月1日 1994年12月19日 2年0か月 最高裁 東京 9月11日 保岡興治
飯塚事件(K) 70 2006年9月8日 1992年2月21日 2年1か月 最高裁 福岡 10月28日 森英介
いわき市母娘強盗殺人事件(T) 55 2006年12月20日 2004年3月18日 1年10か月 仙台高裁(上告取下げ) 仙台 10月28日 森英介
2009年(7人執行)
ドラム缶女性焼殺事件(K) 44 2006年6月9日 2000年4月4日 2年7か月 最高裁 名古屋 1月29日 森英介
ドラム缶女性焼殺事件(S) 39 2006年6月9日 2000年4月4日 2年7か月 最高裁 名古屋 1月29日 森英介
長野・愛知4連続強盗殺人事件(N) 32 2007年1月11日 2004年1月-9月 2年0か月 長野地裁(控訴取下げ) 東京 1月29日 森英介
北九州母娘殺傷事件(M) 58 1993年11月16日 1990年3月 15年2か月 福岡地裁小倉支部(控訴取下げ) 福岡 1月29日 森英介
大阪姉妹殺害事件(Y) 25 2007年5月31日 2005年11月17日 2年1か月 大阪地裁(控訴取下げ) 大阪 7月28日 森英介
自殺サイト殺人事件(M) 40 2007年7月5日 2005年2月-6月 2年0か月 大阪地裁(控訴取下げ) 大阪 7月28日 森英介
川崎中国人6人殺傷事件(C) 41 2006年6月27日 1999年5月25日 3年1か月 最高裁 東京 7月28日 森英介

2010年代[編集]

以下の一覧は2010年以降に死刑が執行された元死刑囚の一覧である。なお2011年には死刑は執行されていない。

事件名[註 3](仮名もしくは本名[註 4] 年齢 判決年月日 事件発生日 確定後期間 確定裁判所 拘置所 執行日 法務大臣
2010年(2人執行)
宇都宮宝石店放火殺人事件(S) 59 2007年2月20日 2000年6月11日 3年5か月 最高裁 東京 7月28日 千葉景子
熊谷男女4人殺傷事件(O) 33 2007年7月18日 2003年8月18日 3年0か月 さいたま地裁(控訴取下げ) 東京 7月28日 千葉景子
2012年(7人執行)
宮崎連続強盗殺人事件(M) 44 2007年2月6日 2001年11月25日-12月7日 5年1か月 最高裁 福岡 3月29日 小川敏夫
横浜前妻一家殺人事件(F) 46 2007年11月15日 2002年7月31日 4年4か月 最高裁 東京 3月29日 小川敏夫
下関通り魔殺人事件(U) 48 2008年7月11日 1999年9月29日 3年8か月 最高裁 広島 3月29日 小川敏夫
三島女子短大生焼殺事件(H) 40 2008年2月29日 2002年1月22日 4年5か月 最高裁 東京 8月3日 滝実
京都・神奈川親族連続殺人事件(M) 31 2008年4月8日 2007年1月16日~23日 4年3か月 京都地裁(控訴取下げ) 大阪 8月3日 滝実
福島悪魔払い殺人事件(E) 65 2008年9月16日 1994年12月-1995年6月 4年0か月 最高裁 仙台 9月27日 滝実
熊本松橋町男女強盗殺人事件(M) 39 2009年4月3日 2003年10月16日 3年5か月 福岡高裁(上告取下げ) 福岡 9月27日 滝実
2013年(8人執行)
奈良小1女児殺害事件(K) 44 2006年10月10日 2004年11月17日 6年4か月 奈良地裁(控訴取下げ) 大阪 2月21日 谷垣禎一
土浦連続殺傷事件(K) 29 2010年1月5日 2008年3月19日~23日 3年1か月 水戸地裁(控訴取下げ) 東京 2月21日 谷垣禎一
名古屋スナック店主強盗殺人事件(K) 62 2007年3月22日 2002年3月14日 5年11か月 最高裁 名古屋 2月21日 谷垣禎一
ファミレス2人射殺事件(M) 56 2009年6月15日 2005年4月25日 3年10か月 最高裁 東京 4月26日 谷垣禎一
ファミレス2人射殺事件(H) 64 2011年12月15日 2005年4月25日 1年4か月 最高裁 東京 4月26日 谷垣禎一
横浜中華街店主射殺事件(K) 73 2011年3月1日 2004年5月29日 2年6か月 最高裁 東京 9月12日 谷垣禎一
山梨・新潟連続殺人事件(F) 55 1995年6月8日 1986年3月 18年6か月 最高裁 東京 12月12日 谷垣禎一
大阪連続強盗殺人事件(K) 63 2012年7月24日 2000年7月-2008年2月 1年4か月 最高裁 大阪 12月12日 谷垣禎一
2014年(3人執行)
香川・坂出3人殺害事件(K) 68 2012年7月12日 2007年11月16日 1年11か月 最高裁 大阪 6月26日 谷垣禎一
武富士弘前支店強盗殺人・放火事件(K) 56 2007年3月27日 2001年5月8日 7年5か月 最高裁 仙台 8月29日 谷垣禎一
群馬暴力団組長3人射殺事件(T) 59 2012年10月23日 2001年11月-2005年9月 1年10か月 最高裁 東京 8月29日 谷垣禎一
2015年(3人執行)
闇サイト殺人事件(K) 44[10] 2009年4月13日[11] 2007年8月24日[12] 6年2か月 名古屋地裁(控訴取下げ)[10] 名古屋[10] 6月25日[10] 上川陽子[10]
川崎アパート3人殺害事件(T)[註 6] 63[13] 2011年7月4日[14] 2009年5月30日[13] 4年5か月 横浜地裁(控訴取下げ)[13] 東京[13] 12月18日[13] 岩城光英[13]
岩手県洋野町母娘強盗殺人事件(W) 39[13] 2012年1月16日[15] 2006年7月19日[13] 3年11か月 最高裁[15] 仙台[13] 12月18日[13] 岩城光英[13]
2016年(3人執行)
警察庁広域重要指定122号事件(K) 75[16] 2005年7月8日[17] 1985年5月-1994年3月[18] 10年8か月 最高裁[16] 大阪[16] 3月25日[19] 岩城光英[19]
久留米看護師連続保険金殺人事件(Y) 56[16] 2010年3月18日[20] 1998年1月24日[21]・1999年3月27日[22][23] 6年0か月 最高裁[16] 福岡[16] 3月25日[19] 岩城光英[19]
熊本連続強盜殺人事件(T) 45 2012年9月10日 2004年3月-2011年2月 4年2か月 福岡高裁(上告取下げ) 福岡 11月11日 金田勝年

註釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1949年5月に一度最高裁で二審の死刑判決が破棄差戻しを受けたが、差戻し審で再度の死刑判決を受け、1951年2月の上告棄却により確定。
  2. ^ 被害者の死刑囚は、古谷が裁判にかけられて死刑執行が遅れると、かえって自身の執行が早まると考え、刑事告訴を行わなかったという。
  3. ^ a b c 事件名は便宜上のものにしている場合がある
  4. ^ a b c 実名で活動を行ったか、事件の影響が多大なものになった案件のみ実名を記載した
  5. ^ a b c d 1988年10月取り下げ。昭和天皇崩御の際に死刑囚の恩赦があることを期待しての行為であったとされるが、死刑囚の恩赦は実施されず。なお、夕張保険金殺人事件で刑死した夫のHは恩赦がないことに感づき、特別抗告の訴えを起こしたが棄却されている[8]
  6. ^ 裁判員裁判で死刑が確定し、執行された初めての死刑囚である[13]

出典[編集]

  1. ^ 新聞集成明治編年史第十四卷84頁
  2. ^ 中嶋 繁雄 『明治の事件史―日本人の本当の姿が見えてくる!』 青春出版社〈青春文庫〉、2004年3月20日、226-237頁
  3. ^ 森長英三郎 『史談裁判』第2巻、日本評論社日評選書〉、1984年(原著1966年)、新編、5-8頁。ISBN 978-4535011342
  4. ^ 森長英三郎 『史談裁判』第3巻、日本評論社〈日評選書〉、1984年(原著1966年)、新編、66-73頁。ISBN 978-4535011359
  5. ^ 森長 (1984) 247-252頁
  6. ^ “死刑:罪悔いる、執行時間14分…占領下の実態、公文書に”. 毎日jp (毎日新聞社). (2013年4月7日). オリジナル2013年4月12日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20130412204150/http://mainichi.jp/select/news/20130407k0000e040156000c.html 
  7. ^ “死刑被告また上告取り下げ 東京のおじ一家3人殺し”. 朝日新聞 夕刊 2社面 (朝日新聞社). (1988年10月28日) 
  8. ^ “夕張保険金放火殺人(取材メモから2001:5)”. 朝日新聞 朝刊 北海道2面 (朝日新聞社). (2001年12月19日) 
  9. ^ a b “2被告の死刑が確定 夕張の保険金放火殺人事件 札幌高裁”. 朝日新聞 朝刊 1社面 (朝日新聞社). (1988年10月15日) 
  10. ^ a b c d e “闇サイト殺人のK死刑囚、死刑執行 法務省、10カ月ぶり 【名古屋】”. 朝日新聞 夕刊 1総合面 (朝日新聞社). (2015年5月25日) 
  11. ^ “K被告の死刑確定、控訴取り下げ 名古屋・千種区の闇サイト殺人”. 朝日新聞 朝刊 1社会面 (朝日新聞社). (2009年4月15日) 
  12. ^ “首謀、ともに否定 強殺容疑などで3人を再逮捕 名古屋・女性拉致殺害 【名古屋】”. 朝日新聞 朝刊 1社会面 (朝日新聞社). (2007年9月15日) 
  13. ^ a b c d e f g h i j k l “裁判員判決で死刑、初執行 川崎の3人殺害 別の1人にも執行”. 朝日新聞 夕刊 1総合面 (朝日新聞社). (2015年12月18日) 
  14. ^ “川崎3人殺害、死刑判決確定 被告、控訴取り下げ”. 朝日新聞 夕刊 2社会面. (2011年7月5日) 
  15. ^ a b “岩手の母娘殺害、死刑判決確定へ 最高裁が上告棄却”. 朝日新聞 夕刊 2社会面 (朝日新聞社). (2012年1月16日) 
  16. ^ a b c d e f “2人の死刑を執行 福岡の元看護師事件など”. 朝日新聞 夕刊 1総合面 (朝日新聞社). (2016年3月25日) 
  17. ^ “女性5人殺害、被告の死刑確定へ 上告棄却、「異常で残虐な犯行」”. 朝日新聞 朝刊 1社会面 (朝日新聞社). (2005年7月9日) 
  18. ^ “K被告に死刑 5女性殺害で大阪地裁判決「凶悪な犯行」【大阪】”. 朝日新聞 夕刊 1総合面 (朝日新聞社). (1999年3月24日) 
  19. ^ a b c d “2人の死刑執行 女性5人殺害・保険金殺人”. 朝日新聞 朝刊 1社会面. (2016年3月25日) 
  20. ^ “Y被告、死刑確定へ 福岡の夫連続保険金殺人 【大阪】”. 朝日新聞 朝刊 1社会面 (朝日新聞社). (2010年3月19日) 
  21. ^ “夫殺害でカリウム剤も注射 看護師事件 【西部】”. 朝日新聞 朝刊 1社会面 (朝日新聞社). (2002年5月22日) 
  22. ^ “1人の夫に3千万円 保険金殺人容疑で看護学校仲間4人逮捕 福岡”. 朝日新聞 朝刊 1総合面 (朝日新聞社). (2002年4月29日) 
  23. ^ “Y被告に死刑求刑 首謀者と指摘 久留米の保険金殺人 【西部】”. 朝日新聞 朝刊 1総合面 (朝日新聞社). (2004年3月30日) 

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]