日本こども歌舞伎まつりin小松

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本こども歌舞伎まつりin小松(にほんこどもかぶきまつりインこまつ)は、石川県小松市で行われる子供歌舞伎の上演会。開始当初の名称は全国子供歌舞伎フェスティバルin小松(ぜんこくこどもかぶきフェスティバルインこまつ)。2019年の第21回から、名称を変更した[1][2]

概要[編集]

地元の祭礼「お旅まつり」にあわせて実施される。地元小松の子供歌舞伎は、お旅まつり(曳山上演)とこの場(劇場上演)で披露される。

沿革[編集]

1998年平成10年)、地域活性化事業として誕生。以前から子供歌舞伎が行われていたこと、『勧進帳』の舞台である安宅の関を擁することで歌舞伎に関する市民の関心も高いことから、全国から子供歌舞伎を招待し地元の子供歌舞伎と競演するイベントとなった。この企画は成功し、以降毎年実施されている。小松は「歌舞伎のまち」を名乗ることになった。

脚注[編集]

  1. ^ 広報こまつ 平成31年4月1日号 (PDF)”. 小松市広報秘書課 (2019年4月1日). 2020年4月19日閲覧。
  2. ^ a b c d “令和初、迫真の「勧進帳」 小松で「日本こども歌舞伎」開幕”. 北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ(北國新聞). (2019年5月6日). https://www.hokurikushinkansen-navi.jp/pc/news/article.php?id=NEWS0000019419 2020年4月19日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]