日本曹達

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日曹から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本曹達株式会社
Nippon Soda Co.,Ltd.
Nippon Soda company logo.svg
Shin-Ōtemachi building.JPG
本社が入居する新大手町ビルヂング
種類 株式会社
機関設計 監査等委員会設置会社
市場情報
東証1部 4041
1949年5月16日上場
略称 日曹、NISSO
本社所在地 日本の旗 日本
100-8165
東京都千代田区大手町二丁目2番1号
新大手町ビルヂング
北緯35度41分5.51秒 東経139度46分1.36秒 / 北緯35.6848639度 東経139.7670444度 / 35.6848639; 139.7670444座標: 北緯35度41分5.51秒 東経139度46分1.36秒 / 北緯35.6848639度 東経139.7670444度 / 35.6848639; 139.7670444
設立 1920年2月1日
業種 化学
法人番号 1010001008833 ウィキデータを編集
事業内容 カセイソーダ、塩素および塩素製品、合成樹脂および可塑物、染料、医薬品、農業用薬品、動物用薬品、肥料その他各種化学工業品の製造、加工、販売 他
代表者 石井彰(代表取締役兼取締役社長)
資本金 291億6600万円
(2020年3月31日現在)[1]
発行済株式総数 3112万7307株
(2020年3月31日現在)[1]
売上高 連結: 1447億3900万円
単独: 838億1100万円
(2020年3月期)[1]
営業利益 連結: 81億3500万円
単独: 37億7200万円
(2020年3月期)[1]
経常利益 連結: 103億1200万円
単独: 54億0900万円
(2020年3月期)[1]
純利益 連結: 69億6400万円
単独: △2億5900万円
(2020年3月期)[1]
純資産 連結: 1444億4000万円
単独: 1156億6500万円
(2020年3月31日現在)[1]
総資産 連結: 2105億5600万円
単独: 1679億4800万円
(2020年3月31日現在)[1]
従業員数 連結: 2,744人
単独: 1,313人
(2020年3月31日現在)[1]
決算期 3月31日
会計監査人 EY新日本有限責任監査法人[1]
主要株主 日本マスタートラスト信託銀行(信託口) 4.93%
日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口) 4.60%
三井物産 3.39%
JP MORGAN CHASE BANK 385632 3.18%
日本曹達取引先持株会 3.03%
農林中央金庫 2.96%
JP MORGAN CHASE BANK 380684 2.74%
みずほ銀行 2.73%
INTERACTIVE BROKERS LLC 2.53%
BNP PARIBAS SECURITIES SERVICES LUXEMBOURG / JASDEC / JANUS HENDERSON HORIZON FUND 2.18%
(2020年3月31日現在)[1]
主要子会社 三和倉庫 100.0%
関係する人物 中野友禮(創立者)
外部リンク https://www.nippon-soda.co.jp/
テンプレートを表示

日本曹達株式会社(にほんそーだ、: Nippon Soda Co.,Ltd.[2])は、東京都千代田区に本社がある日本の化学会社。略称は日曹にっそう。かつては日曹コンツェルンの中核企業であった。

事業内容[編集]

農業化学品、医薬中間体、電子材料等の高付加価値有機・無機化学製品及び各種工業薬品等の製造・販売を行う。

クロールアルカリ事業
カセイソーダ、塩素、塩酸、カリ製品、青化製品 他
機能性化学品事業
半導体フォトレジスト材料、染料製品、特殊樹脂 他
アグリビジネス
殺菌剤、殺虫・殺ダニ剤、除草剤 他
環境化学品事業
水処理剤、殺菌消毒剤、光触媒、PCB無害化処理 他
医薬品事業
医薬中間体、製剤用添加剤 他

事業所[編集]

本社
東京
支店
大阪
営業所
札幌、仙台、関東(さいたま市)、高岡、福岡
工場
二本木(上越市中郷区)、高岡、水島(倉敷市)、千葉(市原市
研究所
小田原、千葉、各工場生産技術研究所
海外
ニューヨーク、デュッセルドルフ、サンパウロ、上海ほか

沿革[編集]

  • 1913年(大正2年) 創立者の中野友禮、電解法ソーダの特許を取得。
  • 1920年(大正9年) 日本曹達株式会社設立、資本金75万円。二本木工場(新潟県上越市中郷区)の操業開始。
  • 1949年(昭和24年) 東京証券取引所大阪証券取引所に株式上場。
  • 1960年(昭和35年) アメリカのマスタービルダーズ社を吸収合併したマーティン・マリエッタ社と合弁で、日曹マスタービルダーズを設立[3]
  • 1963年(昭和38年) 日曹油化工業株式会社を設立。
  • 1969年(昭和44年) 日曹化成株式会社(千葉県市原市)を設立。
  • 1970年(昭和45年) 福島県耶麻郡の日曹金属会津工場でカドミウム公害が深刻化。
  • 1999年(平成11年) 日曹化成株式会社を合併(同社千葉工場となる)。日曹油化工業株式会社株式の全部を、丸善石油化学株式会社に譲渡。

関連会社[編集]

2020年3月31日現在の子会社数は38社、関連会社数は8社である[4]

連結子会社
  • 日曹商事株式会社
  • 三和倉庫株式会社
  • 日曹金属化学株式会社
  • 日曹エンジニアリング株式会社
  • 株式会社日曹建設
  • 上越日曹ケミカル株式会社
  • 新富士化成薬株式会社
  • ニッソーファイン株式会社
  • 株式会社ニッソーグリーン
持分法適用関連会社
  • 日曹ビーエーエスエフ・アグロ株式会社

その他[編集]

日曹コンツェルン[編集]

重化学工業から発達した昭和の新興財閥の一つに数えられた。1940年(昭和15年)には傘下企業が42社まで増え、日曹コンツェルンと呼ばれた。その後、第二次世界大戦後GHQの指定する15社に数えられ、財閥解体された。

ウサギの社章[編集]

日本曹達のJR貨物コンテナ
右上に描かれている図柄が社章である。

日本曹達の社章は、雪像の「雪うさぎ」を、6つの頂点を持つ環で囲んだもので、古くからの重工業企業としては童心のあるデザインである。雪の結晶は六角であり、それぞれ誠実、勤勉、創意工夫、協調、奉仕、感謝を意味しているという記述もあるが、後年つけ加えられたものだと思われる。

元は1920年の創業初期、二本木工場で「製品に付けるマーク」も議題に含めた会議中、会議室に白い野ウサギが突然飛び込んできて、また駆け去るというハプニングがあったことから、これに絡めて考案されたものと伝えられる。更に、白いウサギのイメージを、創業当初の主力製品であった「苛性ソーダ」「さらし粉」の高純度を象徴する純白性に重ねたものともいう。

2018年8月より、創業100周年に向けた「コミュニケーション・シンボル」として、ウサギのキャラクターであるミッフィーを採用している[5]

開発製品[編集]

同社は、花王と共同で「キッチンハイターヌメリ取り剤」を開発した。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k 日本曹達株式会社 (2020-06-26). 第151期(2019年4月1日 - 2020年3月31日)有価証券報告書 (Report). 
  2. ^ 日本曹達株式会社 定款 第1章第1条
  3. ^ MASTER BUILDERSポゾリス®の沿革”. BASFジャパン建設化学品事業部. 2017年4月22日閲覧。
  4. ^ 日本曹達株式会社 (2020-06-26). 第151期(2019年4月1日 - 2020年3月31日)有価証券報告書 事業の内容 (Report). 
  5. ^ “創業100周年に向けた「コミュニケーション・シンボル」の採用のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 日本曹達株式会社, (2018年8月28日), https://www.nippon-soda.co.jp/pdf/20180828.pdf 2020年7月28日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]