日曜喫茶室

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日曜喫茶室
ジャンル トーク番組
放送方式 スタジオでの録音
放送期間 1977年4月10日 - 2017年3月26日
放送時間 毎月最終日曜12:15-14:00
放送局 NHK-FM
制作 NHK
パーソナリティ はかま満緒
小泉裕美子
出演 安野光雅
轡田隆史
池内紀
荻野アンナ
テーマ曲 「Save your kisses for me」
レイモン・ルフェーブル・グランドオーケストラ)
特記事項:
毎月最終日曜日以外の日曜日は「トーキング ウィズ 松尾堂」を放送
テンプレートを表示

日曜喫茶室』(にちようきっさしつ)は、1977年4月10日から2017年3月26日まで、NHK-FM放送で放送されていたトーク番組である。

概要[編集]

NHKラジオスタジオに設えた喫茶店「なかま」を舞台に、マスターのはかま満緒放送作家)と各界を代表する著名人が毎回ゲストとして来店する。はかま満緒、ウェイトレスに加えて3名(うち1名は「ご常連」)の計5名が、毎回季節の話題や最近の流行や話題などのトークをコーヒーを飲みながら展開する。

喫茶店の内容設定は以下のとおり。

  • 喫茶店の名称である「なかま(nakama)」は、店主の名を取って「はかま(hakama)」とされるべきところ、hnと誤記されたことから。
  • 喫茶店の所在地は、原宿の裏通りから徒歩で10分ほどのところ、と設定されている。
  • 入口の扉は重厚なマホガニー製。
  • メニューに掲載されているのは、コーヒーアイスコーヒー紅茶アイスティー日本茶の5種類。ゲストはそれ以外のメニューを注文しても構わないが実際に出されるのは基本的には上記の5種類のいずれか。ただし、一度だけ注文に応じてチョコレートパフェ(メニュー名「チョコパフェ」)が出てきたことがある(2007年9月2日放送「数字が気になって気になって」の回。ゲストは橘家圓蔵(落語家)と新井紀子国立情報学研究所教授)、常連客は安野光雅)。
  • 以前はアルコールも出していたが、2時間近い録音の間に酔っぱらってしまい、はかま満緒に絡み出したゲストがいたので控えるようにした(2006年4月3日日本経済新聞掲載のはかま満緒のエッセイによると、作家の有吉佐和子と、詩人の田村隆一とのこと)。

放送時間は毎月最終週の日曜日(当該最終週が特番である場合はその前の週[1])の12:15~14:00(NHK-FM放送)であった。

番組放送開始から2007年3月までは、毎週日曜日に放送されていた。2007年4月からは「トーキング ウィズ 松尾堂」を放送することとなり、2008年4月からは毎月最終週、つまり月1回の放送に減らされることになった(それ以外は「トーキング ウィズ 松尾堂」を放送する)。2006年3月まではNHKラジオ第2放送NHKラジオライブラリー」=金曜日でも過去に放送された番組を再構成して放送されていた。

はかまの急逝と番組の終了[編集]

はかまが、2016年2月放送回の録音された翌日2月17日に急逝(常連客が出演しない異例の放送回だったが、特に変わった様子はなかったという)[2]2月28日放送分は追悼のコメントを入れて放送され[3]、3月放送分は『ありがとう はかま満緒さん』と題した追悼番組となった[4]。4月以降は過去放送分のテープ編集を中心とした放送となり、放送時間の多くが故人による出演となった。

2017年4月からこの枠(最終日曜12:15-13:55)にはタレントで料理愛好家のグッチ裕三がパーソナリティを務める『グッチ裕三の日曜ヒルは話半分』という生放送のトーク番組が入るため、この番組は2017年3月26日をもって終了。1977年4月の番組開始以来40年の歴史に幕を降ろした[5]。最終回の最後の楽曲は、はかまの作詞ならびにジェリー藤尾の歌唱による『パパとワルツを踊ろう』をオンエアして、喫茶室は「閉店」した。

番組テーマ曲[編集]

「Save your kisses for me」(邦題・想い出のラスト・キッス)/レイモン・ルフェーブル・グランドオーケストラ。

出演者[編集]

  • マスター:はかま満緒
  • ウエイトレス:小泉裕美子
  • 常連客(後述)の何れか1名、ゲスト2名(稀に3名のこともある)

常連客[編集]

の4名。以前の常連客には、井原高忠天野祐吉などがいる。

番組構成[編集]

番組の構成自体は至ってシンプルで、まずマスターはかま満緒と、常連客との会話から始まり(その日のテーマについてのざっくばらんな雑談が多い)、それが5分間ほど続いた後、本日の常連客のお薦めの1曲が流れる。次いで、最初のゲストが登場。ゲスト、マスター、常連客、ウェイトレスの会話が約30分ほど続いた後、最初のゲストのお薦めの1曲が流れる。それが終わると、次のゲスト登場。2番目のゲストとの会話が30分ほど続いた後、2番目のゲストのお薦め曲が流れる。それが終わると、1番目、2番目のゲストを含めて全員でのトークが始まり、やはり30分ほど続く。その後、また1曲音楽が流れ、残り15分ほどでマスターが本日のテーマについてのまとめに入り、ゲストの今後の予定を伺って番組を終える。この構成は、放送開始以来30年、殆ど変わっていない。

このようなシンプルな作りの番組であるのに、多くの聴取者を引きつけるのは、ひとえにマスターはかま満緒の人柄、人間に対する興味、旺盛な好奇心によるもので、またそれを助ける常連客の発言が、マスターとの間でうまく噛み合って番組が進行してゆくことにある。例えば、常連客の安野光雅は、ちょうど漫才のボケツッコミボケの役割を果たし(マスターはかま満緒ツッコミの役目を果たす)、横町の御隠居的な一言居士の轡田隆史、物静かな知識人の池内紀、ダジャレでその場を盛り上げたり、しらけさせるのが名人の荻野アンナと、それぞれが個性を発揮している。

番組の主な出演者[編集]

文化人、政治家、経済人、大学教授などいわゆる知識人にファンが多く、他の番組には出演しないのに、この番組には出演したという著名人も多い。代々、NHK西湖会真田丸のような牙城になってきた番組枠。また、朝日新聞系はもとよりRFラジオ日本などとも豊富な人脈を築いてきた。

この数年間に出演した有名人としては、

など非常に多彩な人々が出演している。

なお、過去には北野武金田一春彦池田彌三郎宮脇俊三北杜夫斎藤輝子松本清張沢村貞子植村直己阿久悠河島英五植木等宮川泰團伊玖磨池田満寿夫大藪春彦福田繁雄柳家小さん(五代目)、東山魁夷赤塚不二夫石ノ森章太郎藤子不二雄A寺田ヒロオジョージ川口なども出演した。

しかし、このような有名人の他に、無名ながら一芸に秀でた人、長年一つの道に打ち込んできた市井の人(池内紀によると、「二番手を走り、トップになる実力があり周囲もやきもきしているのに、好きな事に打ち込むことに一生懸命で、二番手であることを気にしない人」)にスポットライトをあてるのも、この番組の特徴である。 このような出演者としては、

などがいる。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 年末や2012年7月分などが該当
  2. ^ はかま満緒さん、亡くなる前日もNHKのラジオ番組収録していた (2016年2月18日) スポーツ報知。※一部視聴者からは常連客が誰もいないせいか元気がなかったという声があった。
  3. ^ 日曜喫茶室「没後10年 宮川泰の世界を旅する」 (2月28日)
  4. ^ お客様のご紹介
  5. ^ 平成29年度国内放送番組時刻表

外部リンク[編集]