日和産業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日和産業株式会社
Nichiwa Sangyo Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報
略称 ニチワ
本社所在地 日本の旗 日本
658-0042
兵庫県神戸市東灘区住吉浜町19-5
設立 1924年8月5日
業種 食料品
法人番号 7140001002355
事業内容 飼料製造・売買仲介、畜産物生産・加工・売買仲介、動物医薬品販売
代表者 取締役社長 中橋正敏
資本金 20億1,168万9千円
(2014年3月31日現在)
発行済株式総数 20,830,825株
売上高 単体: 490億9,788万1千円
連結: 493億3,344万8千円
(2014年3月期)
純資産 単体: 158億585万1千円
連結: 158億6,854万9千円
(2014年3月31日現在)
総資産 単体: 263億1,335万6千円
連結: 264億3,790万3千円
(2014年3月31日現在)
従業員数 単体: 186人、連結: 208人
(2014年3月31日現在)
決算期 3月末日
主要株主 豊田通商 7.05%
東北グレーンターミナル 5.97%
カーギルジャパン 5.18%
みなと銀行 4.99%
三菱UFJ銀行 4.78%
三井住友銀行 4.78%
(2018年9月30日現在[1]
外部リンク http://www.nichiwasangyo.co.jp/
テンプレートを表示

日和産業株式会社(にちわさんぎょう)は日本の飼料メーカー。

概要[編集]

独立系中堅の配合飼料メーカー。養鶏養豚・養牛・養魚・実験動物用飼料の製造販売、畜産物の生産販売を行っている。2003年度出荷量シェアは8位のシェア3.9%となっている[2]。商圏は西日本が中心。本体での生産の他、東北地方に雪印種苗日清丸紅飼料との養牛用配合飼料の生産合弁会社を設立し、2005年より活動している。

2014年3月期の連結売上構成は、飼料事業96.5%、畜産事業3.5%となっている。

1924年(大正13年)に日本で最初の各種配合飼料の製造を行ったとしている[3]

沿革[編集]

  • 1924年(大正13年)8月 - 神戸市にて日本家畜飼料株式会社として設立。
  • 1948年(昭和23年)7月 - 日和産業株式会社に社名変更。
  • 1951年(昭和26年)7月 - 兵庫製油株式会社を吸収合併。
  • 1952年(昭和27年)4月 - 本社を大阪市北区に移転。
  • 1961年(昭和36年)10月 - 大阪証券取引所市場第二部に株式を上場
  • 1968年(昭和43年)4月 - 本社を神戸市東灘区に移転。
  • 1975年(昭和50年)11月 - 東和畜産株式会社を設立。
  • 2005年(平成17年)3月 - 雪印種苗日清丸紅飼料との合弁会社、みちのく飼料株式会社が操業開始。
  • 2013年(平成25年)7月 - 大阪証券取引所と東京証券取引所の現物株市場統合に伴い、東京証券取引所第二部に上場。

現業所[編集]

  • 神戸工場(兵庫県神戸市東灘区) - 1968年4月開設
  • 八戸工場(青森県八戸市) - 1983年5月開設、一部をみちのく飼料に貸与
  • 三原工場(広島県三原市) - 1963年6月開設
  • 坂出工場(香川県坂出市) - 1995年6月開設
  • 鹿児島工場(鹿児島県鹿児島市) - 1974年1月開設
  • 三木農場(兵庫県三木市) - 1999年4月開設、養鶏
  • 輝北農場(鹿児島県鹿屋市) - 1986年4月開設、養鶏・養豚
  • 雲仙農場(長崎県島原市) - 1987年6月開設、養豚
  • 中央研究所(兵庫県神戸市東灘区)

関係会社[編集]

連結子会社
  • 東和畜産株式会社(鹿児島県鹿児島市) - 畜産事業
関連会社
  • みちのく飼料株式会社(青森県八戸市) - 39%出資

脚注[編集]

  1. ^ 四半期報告書(第115期第2四半期)
  2. ^ 日経産業新聞 2004年10月1日付。
  3. ^ 公式サイトの沿革紹介による。

外部リンク[編集]