日向駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日向駅
駅舎(2005年10月)
駅舎(2005年10月)
ひゅうが
Hyūga
八街 (5.8km)
(5.2km) 成東
所在地 千葉県山武市椎崎300
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 総武本線[1]
キロ程 71.7[1]km(東京起点)
電報略号 ヒウ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線[1]
乗車人員
-統計年度-
970人/日(降車客含まず)
-2017年-
開業年月日 1899年明治32年)10月12日[1]
備考 業務委託駅[1]
テンプレートを表示
ホーム

日向駅(ひゅうがえき)は、千葉県山武市椎崎(しいざき)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)総武本線である[1]

歴史[編集]

駅名は1889年明治22年)4月1日に成立した武射郡日向村に由来するもので、令制国日向国とは直接の関係は無い。

年表[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を持つ地上駅である[1]。ホームは嵩上げされていない。駅舎は2番線ホームに接しており2つのホームは跨線橋で結ばれる。

かつては木造駅舎があったが、今は比較的簡易な構造の駅舎に建て替えられている。旧駅舎と今の駅舎は場所が少し異なっており、旧駅舎のあった場所には現在も2番ホームから階段が下っており、何も無いところに階段がある。

業務委託駅[1]成東駅が管理しJR東日本ステーションサービスが駅業務を受託、自動券売機、簡易Suica改札機、乗車駅証明書発行機が設置されている。みどりの窓口は未設置。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 総武本線 上り 佐倉千葉東京方面
2 総武本線 下り 成東銚子方面
  • ホームは8両編成までに対応する。線路有効長は11両編成分ある。

利用状況[編集]

JR東日本によると、2017年度(平成29年度)の1日平均乗車人員970人である[利用客数 1]

近年の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 1,492 [利用客数 2]
2001年(平成13年) 1,552 [利用客数 3]
2002年(平成14年) 1,521 [利用客数 4]
2003年(平成15年) 1,512 [利用客数 5]
2004年(平成16年) 1,469 [利用客数 6]
2005年(平成17年) 1,475 [利用客数 7]
2006年(平成18年) 1,490 [利用客数 8]
2007年(平成19年) 1,466 [利用客数 9]
2008年(平成20年) 1,441 [利用客数 10]
2009年(平成21年) 1,405 [利用客数 11]
2010年(平成22年) 1,366 [利用客数 12]
2011年(平成23年) 1,294 [利用客数 13]
2012年(平成24年) 1,258 [利用客数 14]
2013年(平成25年) 1,208 [利用客数 15]
2014年(平成26年) 1,113 [利用客数 16]
2015年(平成27年) 1,071 [利用客数 17]
2016年(平成28年) 1,033 [利用客数 18]
2017年(平成29年) 970 [利用客数 1]

駅周辺[編集]

旧・山武町にあった唯一の鉄道駅であるが、山武市役所山武支所(旧・山武町役場)のある中心部には当駅から北へおよそ3kmほどの距離があり、当駅周辺はむしろ町外れのような場所である。この駅があるのは作田川沿いに中小の集落がいくつか開けたのみの場所であり、駅前は閑散としている。

バス路線[編集]

のりば 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
日向駅   あららぎ館・さんぶの森公園 さんぶの森元気館 山武市基幹バス
山武成東インター入口・成東駅松尾駅 蓮沼海浜公園

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
総武本線
快速
通過
普通(各駅停車)
八街駅 - 日向駅 - 成東駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

記事本文[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 三好好三 『総武線120年の軌跡』 JTBパブリッシング、2014年2月。ISBN 978-4533096310
  2. ^ 「停車場設置」『官報』1899年10月14日(国立国会図書館デジタル化資料)
  3. ^ 曽根悟(監修)『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』26号 総武本線・成田線・鹿島線・東金線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年1月17日、19頁。

利用状況[編集]

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月24日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月24日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月24日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月24日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月24日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月24日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月24日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月24日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月24日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月24日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月24日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月24日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月24日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月24日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月24日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月24日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月24日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]